10日間で平日(昼公演)のチケットを2000枚売った話

2022年12月07日

書いた人:西野 亮廣 公式LINE

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/431732

10日間で平日(昼公演)のチケットを2000枚売った話。 | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/431732

 
 

ミュージカル『えんとつ町のプペル』大阪公演、“今度こそ”、完売!

 
ご報告です。
 
色々とお騒がせしましたファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』大阪公演のチケットが“今度こそ”「全公演完売」となりました。
 
ご協力くださった皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。
 
今日はこの話をさせてください。
 
 

ここまでの経緯をお伝えすると…

  
この放送をお聴きになられているリスナーさんの中には、「『今度こそ完売』って何?」と思われている方もいらっしゃると思うので、あらためて、ここまでの経緯をお伝えすると…
 
まず、ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』大阪公演のチケットが“最初に”『全公演完売』と出たのは、11月15日あたり。
 
公演初日は12月3日なので、まぁまぁ、ゆとりを持って完売して、大阪チームはホッと肩を撫で下ろしたわけですが、なんか突然の『全公演完売』だったので、少しキナ臭いと思って、(出すぎた真似だとは思いつつも)大阪プロデューサーさんの方に、
 
「お疲れ様です!
確認なんですが、今って、補助金を受けとる為にチケットの販売をストップさせてたりします??」
 
とLINEを入れたのが11月16日。
 
直後、プロデューサーさんから「してます!」と元気の良いLINEが返ってきて、「『してます』じゃないでしょ!」という感じで今回の冒険が始まります。
 
 
色々と問題があると思うのですが、まず、「子供2000人を招待するために補助金をください」という申請をしていたらしいのですが、その採決が下りなかった場合、そこから2000席を販売することになるわけじゃないですか?
 
ですが、公式からは『全公演完売』と打ち出していて、「あとは配信チケットをお買い求めください」とアナウンスしてしまっている。
 
その後に、2000席の販売を始めたら、「席が取れなかったから配信チケットを買いました」という人からすると、「チケット再販の可能性があるなら、先に言っとけよ」となるじゃないですか?
 
なので、「お客さんに対して、そんな不義理を働いちゃダメ」と注意して、まずは「チケットの再販の可能性がある」ということと、そして、「すてに配信チケットを購入された方への返金対応」を公式アカウントからアナウンスしていただきました。
 
 
で、僕もこの世界、長いですから、「こんなイージーミスをしてしまう人が、他でミスをしていないわけがない」と思って、ぶっちゃけ今回は(脚本を提供しただけの)外部の人間ですが、とはいえ『えんとつ町のプペル』ですし、この作品を愛してくださったキャスト&スタッフさんの身が心配になって、いてもたってもいられなくなり、大阪公演の運営の情報を共有してもらうようにしたんです。
 
それが11月16日です。
 
 
まず、僕が気になったのが、プロデューサーさんがやたら粘っている「『補助金』は、いつまでに採択が下りると言われているのか?」という点。
 
ぶっちゃけ、公演3日前に「補助金が下ります」と言われても、そこから2000人の子供は呼べないわけで。
 
で、たぶん、経験ない人からするとピンと来ないかもしれないですが、2000人を招待して、事故なく捌くのって、2000人にチケットを売るより、遥かに難しい。
 
 
「どうやって2000人の子供を招待するの?」
 
「そして、子供だけで大阪ミナミまで来れないわけで、引率の大人はどうするの?」
 
「子供4人につき、引率の大人が1人必要だとしたら、2000人の子供を招待するとなると、大人席が追加で500席必要だけど、その大人席はどこにあるの?」などなど。
 
プロデューサーさんとやりとり開始から12~13秒ぐらいで、致命的なエラーが7~8個見つかったんです。
 
で、それに対しての策を何も用意されていなかった。
 
とにかくまず「補助金が採択される予定日はいつなんだ?」と訊ねたところ、「10月末と言われていました」と返ってきた。
 
つまり、補助金がほぼ下りないと分かってから、2週間以上、粘っておられたわけですね。
 
で、過ぎた話をつついても仕方がないので、次に質問させていただいたのは、「下りない可能性が極めて高い補助金をいつまて待つんですか?」ということ。
 
どこかで踏ん切りをつけないと、何も動けないので。
 
そんなこんなで、プロデューサーさんから「11月22日まで待たせてください」と回答いただいたわけですが、11月22日に諦めたとしても、翌日からチケットが販売できるわけじゃないんです。
 
『チケットびあ』でチケットを売るまでには、約1週間ぐらいの準備期間が必要なんです。
 
となると、そこからチケットを販売する準備を始めても、チケット発売開始が11月30日とかになっちゃうじゃないですか?
 
3日で2000枚売らなきゃいけなくなる。
 
それはさすがに難しいので、「補助金用の席を半分解放して、せめて半分は売りましょう」とお願いして、11月16日ぐらいからチケット販売の手配を進め、11月23日に『チケットぴあ』で、補助金用に確保していた約1000席の販売を開始しました。
 
同時にプロデューサーさんの方から11月23日に「結局、補助金は下りませんでした」という連絡が入り、そうなることぐらい分かっていたので、即日チケットを販売できる『こりっち』というサイトで残り1000枚を販売する準備を進めていて、すぐに残り1000枚のチケットの販売を始めました。
 
初日の幕が上がるまで、あと10日ほどです。
 
厄介なのが、2000枚のチケットの大半が、平日の昼公演だったんです。
 
キャストさんやクリエイティブスタッフさんには、クリエイティブに集中して欲しいし、プロデューサーさんが10日間で平日の昼公演のチケットを2000枚捌けるとは思えないし…そうなってくると、動けるのは、僕と、あとはCHIMNEYTOWN USAの代表の瀬戸口ぐらい。
 
大阪公演を見学する為に、ちょうど帰国していたんです。
 
とにかく、時間が必要なので、方々に無理を言って、11月26日から公演初日までスケジュールを空けて、大阪に飛んで、そこから鬼の手売りを始めました(笑)。
 
自分が出るわけでもないイベントの平日昼公演のチケットを10日間で2000枚売るのって、まぁまぁ難易度が高いんですけども、こちとらバキバキにスイッチが入っていますから、全公演完売させることしか考えてないんですね。
 
この10日間は、(マジで)朝から翌朝まで走り回りまして、詳しくはオンラインサロンの方でチェックしていただきたいのですが、たぶん、全打席でホームランを打ったと思います。
 
「全公演完売」が打ち出せるタイミングも、サロン内で宣言していたとおりだったと思います。
 
「後半の日程のチケットは売る必要ない。前半(とくに最初の3日間)に集中すれば勝てる」と言っていたので。
 
 

手売りでも数百枚売ったんです

 
11月16日の時点では、なかなか地獄的状況でしたが、今になって思うのは「今回は本当に良い宿題をいただいたなぁ」ということ。 
 
自分が仕掛ける公演なら、まず有り得ないことなので。
 
ていうか、補助金とか面倒臭い(手が遅れる)から絶対に申請しない。
 
 
毎日生配信してチケットを売りましたが、手売りでも数百枚売ったんです。
 
「買ってくださーい」とか言って(笑)。
 
あれはあれで、お客さんとコミュニケーションがとれて結構楽しかったので、また、どこかで手売りをしたいと思います。
 
 
今、「チケットが売れなーい」とか「お客さんが来なーい」と嘆いているサービス提供者って、いっぱいいると思うんです。
 
そういう人達って、すぐにSNSで問題を片付けようとするじゃないですか?
 
SNSで片付けられなかったから、今があるのに、それでもSNSで。
 
たぶん、それ、無駄なので、とっととプライドを捨てて、とっとと手売りに切り替えた方が結果に繋がると思います…というアドバイスを説得力をもってキングコング西野がお届けしました。
 
頑張ってね。
 
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!
 
 
\公式LINEができました/
▼西野亮廣 公式LINEはコチラ↓
https://lstep.app/bew62ko  
 
▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする