『親の思惑』にいつまでのるのか

2022年06月25日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/345453

キミは『親の思惑』にいつまでのるの? | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/345453

今日は「『親の思惑』にいつまでのるのか」というテーマでお話ししたいと思います。

ちょっとふわっとした話なんですけれど、実際に起きていることをお話したいと思います。

本題に入る前にお知らせです。


お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!


西野亮廣講演会』のお知らせです。

全国各地で続々と開催が決まっています。

7月16日(土)に豊橋、
7月18日(月)に福岡、
8月20日(土)に熊本、
9月4日(日)に岐阜で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます。

私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。

チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。

サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。

会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。

講演会開催情報

https://kouenkai.chimney.town

よろしくお願いします。


向こうからやってくるチャンスには親がいる


そんなこんなで本題です。

今日は「『親の思惑』にいつまでのるのか」というテーマでお話ししたいと思います。

すごくフワッとした話になっちゃうのですが、でも、事実をキチンとお伝えします。

たしか、元々はレオナルド・ダ・ヴィンチの言葉だったと思うのですが、「チャンスの神様は前髪しかない」という有名な諺(ことわざ)があります。

これはまぁ、いつぞやのサッカーワールドカップの時のブラジル代表の「ロナウド」とか、ブラックマヨネーズの小杉さんのことをイジった言葉ではなくて、

「チャンスの神様は前髪しかないので、向かってくる時に掴まないと、通り過ぎてから慌てて掴もうと思っても、後ろ髪がないので掴むことができない。なので、チャンスが来たら、躊躇せず、掴みに行け!」

みたいな教訓ですね。

物理的な話をすると、そのスピードで向かってくるヤツの前髪は、前に流れておらず、おでこにビタッとひっついているので、掴もうとすると「突き指」して終わると思いますが、まぁ、そのへんは「たとえ話」なので大目に見てください。

真面目な話をすると、僕らは、この言葉にまぁある程度共感すると思うんですね。

自分の人生を振り返ってみると、たしかに、チャンスは一瞬しかなかった。

そこは僕も凄く共感するのですが、同時に、「向こうからやってくるチャンスなんて、たいしたチャンスじゃなかった」という実体験も持っています。

というのも、世界は自分(自分達)を勝たせる為に存在しているわけじゃないので、向かいからやってくるチャンスって、必ず「相手の思惑がある」というか、「親」がいるんですね。


「チャンスを掴む」だけでは親以上に大きくはなれない


当然、相手(親)の思惑にのって、そこで名前を挙げて、体力をつけて…という段階は必要だと思っていて、ただ、そこから先もそういうものが続くと思ったら大間違いで、ある程度、体力がついたら、どこかで「やってくるチャンスを掴む」から、「チャンスを作る」という方向にシフトチェンジしなきゃ、仕事というのは大きくなっていかない。

というのも、チャンスをくれる親以上に大きくなることはないからです。

なので、僕は結構、ウチの若手社員に「チャンスをもらうだけもらって、独立した方が良くね?」と、そそのかすのですが、僕自身、今、やっている大きな仕事って、誰かからもらったチャンスじゃないんです。

もちろん、入り口は吉本興業にもらったチャンスや、劇場にもらったチャンスや、テレビにもらったチャンスをモノにするところから始まったわけですが、その「チャンスをもらう」というのは25歳で卒業して、そこから先は荒地を開拓するところからのスタートでした。

「絵本」なんて最たるもので、べつに絵本ブームなんて無かったし、僕の絵本のニーズも無かったし、それでも飛び込んで、半ば強引にビジネスモデルを作り上げました。

「絵本をベースに、エンタメを2次展開、3次展開して、オンラインサロンや、マーケティングのノウハウ販売でマネタイズする」というビジネスモデルなんて、世界のどこを探しても無かったんです。

ここに関しては、前髪をつけたチャンスの神様なんて、いなかったんです。

ですが、結果的に、大きな仕事になりました。


「チャンス待ち」から「自分のゲーム」へのシフトチェンジがメチャクチャ大事


まぁ、簡単な言葉で言えば「待っていても始まらない」というところなのですが…

たとえば、「やりたいことが見つからない」という人って多いと思うのですが、言葉を返すと「お前の『やりたいこと』を探してやるメリットなんて誰にも無いんだから、お前が動いてないんだったら、見つからなくて当然だろ」というところで、世界は「お前」の為に存在していないんですね。

今、自分は海外のアレやコレやに挑戦しているのですが、「世界のエンタメ」となると、「親の思惑」だらけで、「世界は自分達の為にあるわけじゃない」を再確認させられっぱなしです。

そのことをよくよく理解して、「思惑に乗る時はトコトン乗る」。

そして、良きタイミングで、「チャンスもヘッタクレもない自分のゲームに切り替える」。

このシフトチェンジがメチャクチャ大事なんだと思います。

おそらく、「チャンス」という言葉って解像度がチョット低くて、「親の思惑」という言葉に置き換えないと、いつまでも「チャンス待ち」の身体になってしまって、「自分のゲームにシフトする」という発想が生まれないと思うので、そのあたりの言葉の整理はしておいた方がいいと思います。

そして、なんか喋っていて、楽しくなったので、今日はこのままプレミアム放送の『白熱教室』の収録をしたいと思います。

テーマは、「アジア人であることと、相手の思惑」というメチャクチャ踏み込んだ内容です。

絶対に表では話せない内容になるので、興味がある方は是非、チェックしてみてください。

西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする