集客できない人の共通点

2022年06月24日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/344756

『集客できない人』の共通点 | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/344756

「集客できない人の共通点」というテーマでお話ししたいと思います。
 
ちなみに「届けているサービスのクオリティーが高い」が大前提です。
 
すっごく大事なお話でございます。
 
 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

 
西野亮廣講演会』のお知らせです。
 
全国各地で続々と開催が決まっています。
 
7月16日(土)に豊橋、
7月18日(月)に福岡、
8月20日(土)に熊本、
9月4日(日)に岐阜で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
 
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
 
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
 
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
 
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。

講演会開催情報

https://kouenkai.chimney.town

よろしくお願いします。
 
 

「クオリティー」と「集客力」は別物

 
さて。
 
今日は「集客できない人の共通点」というテーマでお話ししたいと思います。
 
僕は、この世界に入って、かれこれ21年ぐらいになるわけですが、まぁ、この仕事は「集客」ができないと続けることができないんですね。
 
もう少し踏み込んだ話をすると、「どれだけクオリティーが高くても、集客ができないと続けることができない」。
 
つまり「クオリティー」と「集客力」というのは、別物だということです。
 
ただ、集客力がない人間でも続ける方法が一つだけあって、それは「集客力があるシステムに乗っかって、広告費がいただけるような情報を発信する」…です。
 
皆さんのイメージに一番近いところでいうと、テレビのお仕事ですね。
 
テレビのお仕事は「集客力がある人」と「集客力が無い人」の玉石混淆で、よく言っていますが、『はねるのトびら』という番組をやっていた時(具体的にはゴールデンタイムに上がってから)の僕は、全くお客さんを集めることができませんでした。
 
ライブでも「300人集めるのがやっと」といったところです。
 
ちなみに、その当時の『はねるのトびら』の視聴率は20%ぐらいですから、毎週2500万人ぐらいの人には観られていたのですが、有料ライブとなると300人集めるのがやっとです。
 
 
これに関しては僕自身、もう痛いほど味わったので身に染みたと思うのですが、まず、多くの方が「認知」と「人気」を本当の意味で理解できていない。
 
「認知があると集客できる」と思っちゃっているが、これは大きな勘違いで、たとえば、今、パッと頭にでくる(最初に頭に出てきた)テレビのコメンテーターさんの単独ライブなんて絶対に行かないでしょ?
 
その人に、3000〜4000円と時間を払わないと思います。
 
なので、知られているからといって、集客できるわけではない。
 
その上で、今日は「集客できない人」と「集客できる人」の違いについてお話ししたいと思います。
 
 

集客できる人は半年~1年前から宣伝会議をスタートさせる

 
これはもう一言で説明がつくのですが、結論「集客をナメているか、否か」、それのみです。
 
「集客できない人」って、とにかく、集客のことをナメているし、学習能力が無いのか、恐ろしいことにナメ続けるんですね。
 
「イベントの直前になってイベントの告知する」みたいなことを結構平気でやって、恐ろしいことに、それで集客が失敗しても、その次もまたイベントの直前になってイベントの告知をするんです。
 
「来週イベントやります。来てくださ〜い」みたいな感じで。
 
「そのやり方ではうまくいかない」というデータが取れたのに、どういう力が働いているのか、また同じやり方を繰り返して「ワンチャン来てもらえるかも」という謎の前向きを発動し続けるんです。
 
 
で、僕は世間的に「集客力がある」と思われている方のスケジュールをよくよく知っているのですが、たとえば彼らがイベントを仕掛ける時は、半年とか1年前から宣伝会議を始めるんです。
 
ちなみに、映画『えんとつ町のプペル』は映画公開の1年半前から会議をスタートさせました。
 
「このタイミングで、この情報を出して、そして、その4日後に、この情報を出して、徐々にお客さんの熱を高めていって…」みたいな感じで、「お客さんの熱を高める為のスケジュール」を組んだりするんです。
 
そして、どれだけ遅くても(映画は例外)、2〜3ヶ月前にはチケットの発売を開始する。
 
というのも、どれだけ準備をしていても、チケットの伸びが悪い場合があるので、伸びが悪かった時に対応する時間(作戦を変更する時間)が必要だからです。
 
 

集客できない理由は「集客を骨の髄までナメ腐っている」

 
ちなみに参考までに言っておくと、皆さん、ご存知「レディー・ガガ」の来日公演が今年の9月3日、4日にありますが、チケットの発売開始が4月20日です。
 
もう一度言いますよ。
 
レディー・ガガが9月3日におこなうイベントのチケットの発売開始が4月20日です。
 
その上で、彼女達のチームは、「チケットが売れるだろうか?」と毎日震え、チケットの売り上げの伸びを逐一チェックして、次の手、次の手を打っています。
 
世界のレディー・ガガで、この調子です。
 
 
一方で、もう一度言いますが、「集客ができない人」は、「来週イベントしま〜す。チケット買ってくださ〜い」です。
 
「お客さんの熱量」はおろか、「お客さんのスケジュール調整」とか、1ミリも考えないんです。
 
だからチケットが売れないのですが、にも関わらず、その次のイベントも同じように「来週イベントしま〜す。チケット買ってくださ〜い」と言う始末です。
 
 
「集客できない人」が集客できない理由は、「集客を骨の髄までナメ腐っている」この一点です。
 
このラジオをお聴きの方で、心当たりがある人、結構いらっしゃると思います。
 
あなたに守りたいものがあるのならば、今、この瞬間に改めてください。
 
応援しています。
 
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする