ブロードウェイの素敵で、日本人に都合が良い文化

2022年06月16日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/340558

ブロードウェイの素敵で(日本人にとって都合が良い)文化 | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/340558

今日は「ブロードウェイの素敵で、日本人に都合が良い文化」というテーマでお話ししたいと思います。
 
本題に入る前にお知らせをさせてください。
 
 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催!

 
西野亮廣講演会』のお知らせです。
 
全国各地で続々と開催が決まっています。
 
7月2日(土)に沖縄、
7月16日(土)に豊橋、
7月18日(月)に福岡、
8月7日(日)に東京、
8月20日(土)に熊本、
9月4日(日)に岐阜で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
 
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
 
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
 
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
 
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。

講演会開催情報

https://kouenkai.chimney.town

よろしくお願いします。
 
そんなこんなで本題です。
 
 

『29時間』というブロードウェイのフェアな文化

 
今日は「すごくフェアなブロードウェイの文化」というテーマでお話ししたいと思います。
 
少し前から、チョコチョコとお伝えしていますが、今週末にミュージカル『えんとつ町のプペル』のリーディング公演があるので、今、僕はニューヨークにいます。
 
「リーディング公演」というのは、ブロードウェイの関係者向けにおこなう「ストーリーのお披露目(プレゼン)会」です。
 
ウチのチームとしては、今回のリーディング公演では「クリエイターさん」向けにおこなって、そこで反応をいただいて、ブラッシュアップして、あとは仲間を増やしたりして、
そして次回のリーディング公演を「投資家さん」向けにおこなう…というスケジュールになっています。
 
「投資家向けに公演をおこなう」というのが実にアメリカっぽくて素敵なんですけども、今日は、その一歩手前にある素敵な文化を紹介したいと思います。
 
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ブロードウェイには「ユニオン」という組合があって、役者さん達は「やりがい搾取」みたいなことが起きないように、このユニオンでしっかりと守られてるんですね。
 
日本だと、「あいつ、頑張ってるし、一緒に居残って作業を手伝ってあげよう」という情や情けが入ってきたりするのですが(それも素敵な文化)、ブロードウェイだとそれはなくて、時間になるとスパッと帰るんです。
 
ここの時間をオーバーしちゃうと契約違反で、下手すりゃ、ゴリゴリに訴えられちゃうんです。
 
 
そんな中、今回のリーディング公演でもやっているのが(正確な呼び名は知りませんが)『29時間』というゲームです。
 
「稽古と公演時間を合わせて『29時間以内』におさめなきゃダメよ」というルールがあるんです。
 
これはウチのチームだけじゃなく、皆がやっているんです。
 
皆、29時間で仕上げるんです。
 
リーディング公演に集まった関係者(投資家さん達)は、「29時間で作られた作品」を見て、値踏みするわけですね。
 
なんか、アメリカって「結局、大資本がその圧倒的な資本力でもってオラオラやってんでしょ?そんなにお金をかけて作られたら、日本勢は太刀打ちできないじゃん」というイメージがありますが、それはずっと後の話で、この時点では、巨大なカンパニーが、その資本力でオラオラすることができないんです。
 
強いカンパニーも、弱いカンパニーも、「同じ条件」でプレゼンするんです。
 
当然、リーディング公演では、舞台セットも照明も衣装もなく、「台本のみ」なので、本当に同じ条件です。
 
「盆栽」とか、「茶室」みたいな感じで、まずは規格を合わせて、「この規格の中で、お前はどれだけやれるの?」という実にフェアな才能勝負になっていて、ここが本当に最高だなぁと思いました。
 
逆に、投資家からすると、「規格を合わせているからこそ、作品の可能性を品定めしやすい」というメリットがありますね。
 
 

「規格を合わせている世界戦」に参戦していくことが大事

 
資本という資本を持ち合わせていない日本人として、常日頃思うのは、「規格を合わせている世界戦」に参戦していくことがメチャクチャ重要だということ。
 
無差別級で殺り合ったら、最後は資本勝負に持っていかれて、確実に負けるので。
 
僕が「絵本」を選んだ理由も、まさにそれです。
 
時々、「リーディング公演とか、まわりぐどいコトをやらずに、いきなりドン!と公演しちゃえばいいじゃん!」と日本の方から言われたりするのですが、それこそ資本勝負で負けちゃうんですね。
 
かけられている予算も、かけられている才能も違いすぎるので。
 
「じゃあ、どうすれば日本勢がこのブロードウェイの壁を越えられるか?」ということを僕らはずっと考えて、試していっているわけですが、やっぱり、「郷に入れば郷に従え」で、ブロードウェイの文脈にのっとって、ブロードウェイで上演される作品を作りにいく…しかありません。
 
そして、これは全然遠回りなんかじゃなくて、先ほども申し上げたとおり、「初期の段階では規格を合わせたゲーム」なので、実は、すごく日本人に合った戦い方だと思っています。
 
昨日は、リーディング公演の稽古を途中で中断して、キャスト&スタッフを全員、映画館に集めて、『映画 えんとつ町のプペル』の鑑賞会をしました。
 
ここで、29時間のうちの「2時間」が削られたわけですが、「世界観を共有するには、必要な時間だよね」という判断です。
 
そんなこんなでミュージカル『えんとつ町のプペル』は、ブロードウェイを目指す他の作品と同じように「29時間」の時間割を考えながら、日本の皆様に明るいニュースをお届けできるよう今日も頑張っています。
 
あたたかく見守っていただけると幸いです。
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする