法人向けのサービスを始めました

2022年05月31日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/331936

キンコン西野が法人向けのサービスをスタートさせました。 | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/331936

今日は「法人向けのサービスを始めました」というテーマでお話ししたいと思います。

新サービスのご報告と、「ああ、西野の会社って、そういうことになってるんだぁ〜」というようなお話をさせていただきます。

本題に入る前にお知らせです。

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催!


西野亮廣講演会』のお知らせです。

全国各地で続々と開催が決まっています。

6月25日(土)に宮崎、
7月2日(土)に沖縄、
7月10日(日)に大分、
7月16日(土)に豊橋、
8月6日(土)に大阪、
8月20日(土)に熊本、
9月4日(日)に岐阜で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます。

私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。

チケットをお求めの方は、『西野亮廣講演会in○○』に地名を入れて、検索してみてください。

会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。

「Peatix」のサイトで買えます。

講演会開催情報

https://kouenkai.chimney.town


CHIMNEYTOWNのビジネスモデル


そんなこんなで本題です。

今日は「法人向けのサービスを始めました」というテーマでお話ししたいと思います。

僕はCHIMNEYTOWNという変な会社で働いているのですが、そういえば、この会社の「ビジネスモデル」については、あんまり表で言ってこなかったので、この機会にお話しさせていただきます。

まぁ、「ビジネスモデル」と呼べるほどの立派なものではないのですが、ウチはフロントエンドとバックエンドが綺麗に分かれています。

ちなみに、フロントエンドというのは「集客する商品」で、バックエンドというのは「利益を生む商品」というザックリとした認識で大丈夫だと思います。

マクドナルドの場合だとフロントエンドは「ハンバーガー」で、バックエンドは「コーラ」みたいな感じです。

マクドナルドの本当のバックエンド(利益を生んでいる商品)は「不動産」だと思いますが、話すと長くなるので、ここでは割愛させていただきます。

じゃあ、CHIMNEYTOWNのフロントエンドとバックエンドはそれぞれ何なのか?

CHIMNEYTOWNは絵本を作ったり、ミュージカルを作ったり、歌舞伎を作ったり、映画を作ったり、大規模な個展やライブをやったりしていますが、これら全ては「フロントエンド」なんですね。

つまり、これらは「利益」をもたらしてないんです。

「もたらせてない」というより、最初から「もたらすつもりがない」という感じです。

ここで「利益」が出るように設計してしまうと、デタラメなものが作れなくなるからです。

イメージしやすいところで言うと、ミュージカル『えんとつ町のプペル』の製作費は1億6000万円ぐらいだったのですが、チケット売り上げは2000〜3000万円程度です。

ここにグッズの売り上げを足しても、たかが知れています。

ということは、別のもので採算を取らなきゃいけないわけですが、その「別のもの」というのが「バックエンド」ですね。

CHIMNEYTOWNのバックエンドはいくつかあるのですが、皆さんの知っているところでいうと、Voicyだったり、YouTubeだったり、オンラインサロンだったり、講演会だったり、コワーキングスペースだったり、グッズ販売だったり…です。

先々は不動産とかもやると思います。

これはまぁ、多くの方がアクセスしようと思ったらできるやつですね。

お金を生む場所と生むべきではない場所をデザインする


一方で、あまり皆さんの知らないところでいくと「企業のコンサル」だったり、「企業との商品開発」だったり、「企業向けの講演会(勉強会)」だったりです。

いわゆる「法人向けのサービス」というやつですね。

なんとなく僕らの会社は「エンタメで皆さまのゴキゲンを伺って、制作過程の共有や、法人向けのサービスなどでマネタイズする」というスタイルです。

「お金を生む場所」を考える人は多いですが、「お金を生まない場所」を考える人は意外と少ない。

ただ、「お金を生むべきではない場所」でお金を生もうとするのって、「マクドナルドのハンバーガー1700円!」みたいなことなので、それをやると、誰もお店に来てくれない。誰も来てくれなかったら、当然、利益率が高いコーラも買ってもらえない。

なので、「どこでお金を生んで、どこでお金を生まないか」をキチンとデザインして、チームの皆で共有しておくことが大事です。

『西野亮廣エンタメ研究所』の法人向けサービス


そんな中、この度、 CHIMNEYTOWNの「法人向けサービス」がスタートしたんです。

それは何かというと…僕、『西野亮廣エンタメ研究所』というオンラインサロンをやっていて、そこでは毎日2000文字ほどの記事を書いているのですが、サロンメンバーには経営者さんが多いんですね。

そんでもって、経営者さんからは「ウチの社員に読ませたい」という声を本当によくいただくんです。

でも、基本、サロン記事は「口外禁止」で、かつ、最近はFacebookをやっていない人も多い。

となると、Facebookの非公開グループに投稿している記事を、社員さんに共有するのって、社長さんが一旦記事を読んで、その記事を咀嚼して、そして社員さんに「今の時代は、こうなっていて…」と口頭で伝えるしかない。

これはちょっとアレなので、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』の法人会員のサービスをスタートさせました。

こちらは1ライセンスあたり「980円」で、1ライセンスで一人招待できます。

一社あたり1000人までで、まあ無いと思いますが、それ以上を希望される場合は、CHIMNEYTOWNまでお問い合わせください。

僕が毎朝投稿している記事(過去記事も含む)を、Facebookアカウント無しでご覧いただけます。

数名の経営者さんから「こういうの作ってもらえませんか?」と言われて、そのまま勢いで作ったので、これがどう転ぶかは分かりませんが、「法人向けのオンラインサロン」がどんな展開を見せるのか?

先々、また共有させていただこうと思います。

「マーケティング」や「チームビルディング」や「ブランディング」のことを社員さんに伝えたい経営者さんがいらっしゃいましたら、是非、ご参加ください。

西野亮廣エンタメ研究所 法人会員

https://salon.jp/nishino-corporatemember/

今日は「法人向けのサービスを始めました」というお話をさせていただきました。


====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする