プロの通訳さんと仕事をして痛感した『英会話の誤解』

2022年04月22日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/312821

プロの通訳さんの仕事をして痛感した「英会話の誤解」 | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/312821



今日は「プロの通訳さんと仕事をして痛感した『英会話の誤解』」というテーマでお話ししたいと思います。
 
話を聞けば「そりゃそうだよな〜」となることですが、意外と多くの方が見落としている部分だと思います。
 
本題に入る前にお知らせをさせてください。
 
 

お知らせ!「キンコン西野と学ぶオンライン勉強会『DAO』って何?」参加者1万1600名突破

 
コチラはすでにアーカイブ配信となっているのですが、「キンコン西野と学ぶオンライン勉強会『DAO』って何?」の参加者が、「1万1600名」を突破しました。
 
コチラは、ブロックチェーンに詳しいエンジニアが、
技術に詳しくないスタッフ、そしてお客さんにわかりやすく説明する
ビットコインやブロックチェーンの初心者に優しい勉強会となっております。 
 
内容は、ビットコインをはじめとして、ブロックチェーンやNFTについて簡単にまとめた(復習した)あと、「DAO(自律分散型組織)」について勉強します。 
 
仕組みを学ぶための勉強会ですので、「儲かる」とかそういう話は一切ありません。 
 
仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンの未来について興味がある方は、ぜひご参加ください! 
 
チケットは800円です。
参加ご希望の方は、「キンコン西野 DAO」で検索してみてください。

キンコン西野と学ぶ!仮想通貨勉強会「DAOって何?」※儲け話はありません

https://chimneytown.net/products/7654846038253

よろしくお願いします。
 
 

お知らせ!『【教えて西野先生】親子で学ぶ!とっても大切なお金の話2022』参加者1900名突破

 
そして、もう一点。
 
5月21日の20時から開催するオンライン勉強会『【教えて西野先生】親子で学ぶ!とっても大切なお金の話2022』の参加者が「1900名」を突破しました。
 
僕は、自分で会社を起こして、資金繰りをして、作品や商品を作って、売って、従業員を雇って…という活動をしているのですが、この活動は「お金」の問題と常に隣合わせなんです。
 
そして、そこでは「お金の勉強をしていない人の弱さ」を見る。
 
お金の勉強をしていない人が、自分や、まわりの人達を不幸にしていく様を、まざまざと見るんです。
 
やっぱりこのあたりの心配は拭えないので、今回、久しぶりに手を挙げてみました。
 
こちらはFacebookグループを使った勉強会になるので、参加者の方の声を拾いながら、授業を進めて行きたいと思います。
 
アーカイブは6月30日まで残りますので、当日参加できない人でもお楽しみいただけます。
 
チケットは「800円」です。
 
参加ご希望の方は『BASE 煙突屋』で検索してください。

 
 

「英語が話せる=海外で無双モード」ではない

 
そんなこんなで本題です。
 
今日は、「プロの通訳さんと一緒に仕事をしてみて気付いたこと」というテーマでお話ししたいと思います。
 
僕の直近のスケジュールは、来月は映画祭でドイツ、そして再来月はミュージカルのお仕事でニューヨーク…といった感じです。
 
仕事柄、チョコチョコ海外に行っているのですが、おかげさまで、いろんな考えに触れる機会があります。
 
「海外に行けばなんとかなる」と言う人もいれば、
「行ったところでなんともならなかった」と嘆く人もいる。
 
皆さんも一度や二度は聞いたことがあるセリフだと思います。
 
ここで、僕が気になるのは「行ったところで何ともならなかった」というスタンスなんですけども、これA Bテスト(比較テスト)をしていない人が大半なんです。
 
つまり、国内で圧倒的に結果を出した人が、「海外に行ったところで何ともならない」というのは分かるのですが、国内で結果を出していない人が「海外に行ったところで何ともならない」というのは、「海外」であることが原因ではなくて、その人の能力が原因である可能性がある。
 
つまり、ボーッとチャンスを待ってるだけの人は、海外であろうが、日本であろうが、何ともならないじゃないですか?
 
それを「海外に行ったところで…」という切り口で語るのは、少し筋違いかなぁと。
 
これと似たような違和感を「英会話」で感じることがよくあって、それが今日の本題です。
 
結論から言うと、ことビジネスにおいては、英語を話せるからといって、海外で「無双モード」に入れるわけがなくて、当たり前ですけど、コミュニケーションが取れないと話にならないし、知識がないと話にならないんです。
 
 

プロの通訳さんほど「理解すること」に時間を割く

 
多くの人が普通に生きていると、「プロの通訳さん」に通訳してもらうことってなかなかないじゃないですか?
 
なので、プロの通訳さんが「なぜ『プロ』なのか?」「どの部分が『プロ』なのか?」を言語化できていないと思うんです。
 
彼らの「プロ」の部分が、あまり見えていないと思うんです。
僕も仕事でご一緒するまではわからなかったです。
 
もちろんピンキリはあるでしょうが、プロの通訳さんって、「話し言葉で翻訳する力」があるだけじゃないんです。
 
プロの通訳さんほど、「理解すること」にキチンと時間を割くんです。
 
「会見とか、インタビュー取材の前にチョチョっと現れて、本番で通訳してサヨナラ」ではなくて、僕の場合だったら、通訳さんは事前に「西野亮廣」のことを調べ倒すんです。
 
西野が何を考えているかもキチンと理解して、Aの質問が飛んできた時には西野がどう答えるか?も事前にインプットするんです。
 
そこにキチンと時間を割くんです。
 
これ、メチャクチャ大事で、僕、2018年にコロンビアにある美術大学で、『プロセスエコノミー』の話をしたんです。
その頃はまだ『プロセスエコノミー』という言葉がありませんでしたが。
 
「『完成品を無料で提供して、メイキングでマネタイズする』という選択肢がある時代が確実に来る」という話を授業でしたんですね。
 
それを通訳さんが、同時通訳してくださったんですけども、まだ、地球上にない概念だったので、なかなか理解してもらえないんですよ。
 
事実、僕、日本人に日本語で千回ぐらい説明しても、まだ「詐欺師」みたいに言われたりします。今は減ったかな。
 
とかく、日本人に日本語で説明しても上手くいかないんです。
 
となると、コロンビア人に通訳を挟んで説明するのって、だいぶ難易度が高そうじゃないですか?
 
ところが、僕、全ての国の中で一番モテたのがコロンビアなんですけども(自慢です)、講義終わりは生徒や先生が殺到して、サイン待ちが1時間みたいな感じになったんです。
 
要するに、めちゃくちゃハマったんです。
「お前は、なんてことを考えるだっ!」という。
 
これ、何故、こんなに綺麗にいったかというと、そこで通訳を担当してくださった方とは、もう何度も何度も呑みに行って、僕が喋らずとも、僕の考えをインストールしてくださっていたんですね。
 
だから、おそらくコロンビアではハマらないような、日本特有の喩えを、コロンビア仕様に秒速で変更することができたりして、それでハマったんです。
 
 

言語も大切だが「相手を理解しようとする心」の方が重要

 
プロの通訳さんほど、相手を理解することや、コミュニケーションに時間を割いていて、素人ほど、「英語が話せたらなんとかなる」と思い込んでいる。
 
日本人同士で、日本語で話し合っているのに、「なんで分からないんだ」ということだらけじゃないですか?
 
日本人が日本で日本語を使って活動しても、「集客」に苦戦したりしてるじゃないですか。
 
僕、最近「凄いな」と思ったのが…ウクライナに千羽鶴を送ろうとした人がいたじゃないですか。
 
それに対して、当然、「送るな。相手のことを考えろ」という批判が起きたわけですが、その批判に対して、千羽鶴を送ろうとしていた人が、千羽鶴を送ることは止めたものの、
 
「千羽鶴を折ることによって、ウクライナの人達に思いを馳せるとか。もし、自分がウクライナにいたら、どうするとか。(話を)広げていくための大切な時間を作る題材となると思うので。千羽鶴は無意味じゃない!僕は、それを伝えたい!」と反論をされていて……なんというか、会話が成立してないじゃないですか。
 
「そんな話はしてねえよ」という(笑)
 
皆は「千羽鶴を送るな」と言っていて、この方は「折ることに意味がある」と反論している。
 
誰も「折ること」は否定していない。
千羽鶴を折って、てめえの家で飾っておく分には勝手にどうぞ…じゃないですか。
 
日本語でも、このザマです。
 
なので、やっぱり「言語」も大切ですが、コミュニケーション能力や、相手を理解しようとする心の方が重要なんだと思います。
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする