言うだけなら誰でもできるので、やって見せる

2021年12月28日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/255585

言うだけなら誰でもできるので、やってみせる。 | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/255585

今日は『言うだけなら誰でもできるので、やって見せる』というテーマでお話ししたいと思います。

本題に入る前にお知らせをさせてください。

 

お知らせ!お正月は新橋演舞場に『プペル ~天明の護美人間~』 


来年1月3日〜20日に、市川海老蔵さんファミリーが総出演する新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』があります。

プペル~天明の護美人間~|新橋演舞場|歌舞伎美人

https://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/play/737

https://l-tike.com/play/mevent/?mid=610331

今はもう新橋演舞場にセットが建て込まれて、昨日、照明が作られていましたが、

なんか、すんごいことになってます。

ラストシーンとか、ちょっとヤバイです。

舞台なので、基本的には次が無いと思っておいていただいて、この機会をお見逃しなくです。

「また、やってください」で、できるものでは無いので。

是非、お正月は新橋演舞場にお越しください。

チケットは、ローチケ、ぴあ、イープラスで絶賛発売中です。

C席はすでに全日程完売になっております。ご容赦ください

よろしくお願いします。


毎週キンコンin日本武道館のチケット販売問題


そんなこんなで本題です。

今日は「やって見せる」というシンプルなお話しです。

今なんて、調べりゃいくらでも情報が出てくるし、正しい情報を伝えてくれる人もたくさんいるので、「じゃあ、僕が皆さんに提供できることは何なのか?」ということを考えちゃうわけですけども、やっぱり、「やって見せる」ということだと思うんです。

言うだけじゃなくて、実際にやって見せて、その結果を共有する。

あるいは、やって見せて、「ああ、西野があんなに頑張ってるんだったら、僕も、もうちょっと頑張ろう」と思っていたただく。活力に変えていただく。

まぁ、僕がやれることといえば、これぐらいかなぁと思っています。

そんなこんなで、本日の「やって見せるシリーズ」なんですけども、来年2月28日に日本武道館で開催するキングコングの単独トークイベント『毎週キングコングin日本武道館』のチケット販売の問題に手をつけてみました。

先日の放送でお伝えしたとおり、今、大きなハコ(劇場)でのイベント開催って、メチャクチャややこしいんですね。

コロナの影響で、販売できるチケット枚数に制限がかかったり、なんなら、途中で、販売できるチケットの枚数が変わったりするんですよ。

条件がどうであれ「隣の人とは絶対に1席空けて座ってください」という決まりになっていたら、いろいろ諦めもつくのですが、「家族や友達や恋人の場合は二席並んでもいいっすよ」というルールがあったり、1席空けて販売している途中に、「やっぱり、そこまでは空けなくてもいいっすよ。やっぱ、座席稼働率75%ぐらいでいいっすよ」というお達しがきたりする。

そうすると、「お母さんと娘が2席並んで座って、一席空けてお父さんが座る」という並びになっている、その間の一席(娘とお父さんの間)に、知らんオッサンが座ったりすることも可能性としてはありうる。

なので、そういうのを取り除く為に、チケットの売り方がすっごく煩雑になってるんです。

リスクを背負う面白さは学び


で、これは運営側の事情なんですけども、大きなハコになればなるほど、当然、「客席稼働率」というボディブローが重く効いてくるんですね。

これは時期によって違いますが、たとえば5000席以下のハコだと、客席稼働率は100%でもよくて、5000席以上の大箱になってくると、客席稼働率が50%に指定されたりする。

じゃあ、日本武道館みたいに1万席のハコで客席稼働率が50%だと、単純計算5000席しか使えないわけですが(本当はもう少し複雑なルールです)、そうすると、たとえばチケット代が1万円だったとしたら、5000万円マイナスなんです。

平常時の「武道館でイベントをやったけど、客席ガラガラでした」という状態と同じなので、運営サイドとしては、この時期の大箱イベントは結構大変なんです。

この時期の大箱イベントの開催は、結局、「このリスクを誰が背負うか?」という話になってきて、今回は僕の会社で背負っているから、開催することができてるわけですね。

基本的には、このリスクというのは、誰も背負いたがらないです。

ただ「リスクを背負う面白さ」というのはあって、この状況で開催するわけですから、普通にやったらチケットが完売しても数千万円の赤字なんですね(笑)。

当然、そのリスクを背負うと「それをどうするか?」を考えるじゃないですか?

ここが結構、面白いし、自分事として取り組むので具体的な「学び」になる。

で、そこで四苦八苦している様子を、こうして皆さんに共有する…というエコシステムです。

先月のミュージカルにしてもそうですね。

あれは小さなハコでやったので、コロナは関係なかったですけども、美術セットとか鬼ほど作り込んで、チケット代を死ぬほど下げたので、「チケットが完売しても1億数千万円の赤字」という設定になっていて、「それをどうやって回収するの?」というところをオンラインサロンで共有しています。

ちなみに、ミュージカルに関しては回収の目処が立ちました。

家族3人が離れない席を実現


で、今回の武道館ですけども、厄介な時期にやることを決めたからにゃ、厄介なチケット販売とも向き合っているのですが、まず、今「オフィシャル先行」ではありますが、色々と掛け合って、ローチケで普通に「キングコング」で検索すれば、普通にチケットを買えるようにしてもらいました。

https://l-tike.com/st1/220228-kbtk/sitetop

そして、先日、販売日に完売した「一人席」のチケットも、もろもろ掛け合って、追加しました(復活させました)ので、今、行くと「一人席」のチケットが買えます。

で、ここは結構頑張ったので褒めて欲しいんですけども、武道館って今、二席以上連続で座っちゃダメなんですね。

となると、「家族3人で観に行きたい場合はどうするの?」となるじゃないですか?

いや、チケットを3人分買うことは問題ないですよ?

「二人席チケット」と「一人席チケット」を買えばいいので。

でも、それって、別々に買うわけだから、席が離れちゃうじゃないですか?

「離れちゃう」というのは「一席空けて離れる」ということではなくて、「全然違う場所に座らされる」ということです。

なので、「3人以上で来ようと思っている方は諦めてください」的な雰囲気が漂っていたのですが、そんなのイヤじゃん。

家族でキングコングを見に行きたいじゃん(笑)

というわけで、僕らがどういう手を打ったか?というと、「2席、一席空けての、1席」という「3人シート」や、「2席、一席空けての、2席」という「4人シート」や、「2席、一席空けて、2席、さらに一席空けての1席」という「5人シート」を作って、BASE(オンラインショップ)で販売する…という方法を取ることにしました。

これは「今から実現に向けて動くよ」という話ではなくて、この週末の間に話をまとめて、問題を全部片付けたので、今から「3人シート」「4人シート」「5人シート」が買えます。

お求めの方は「CHIMNEY TOWN BASE」で検索してみてください。

注意点としては、BASEでチケットをお買い求めいただく際は、必ず「3枚(3席)以上」でお願いします。

二席以下なら、ローチケで買えるので。

とまぁ、こんな感じで、秒速で対応していくところを皆様にお見せして、「あなたのチームはどうだ?」というプレッシャーをかけています(笑)

引き続きよろしくお願いします。

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/38025946

シェアする