キミは、キミの商品の『価値』を徹底的に疑っているか?

2021年11月03日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/230685

キミは、キミの商品の「価値」を本当に全て把握しているか? | 西野亮廣(キングコング)「#西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/230685

今日は「キミは、キミの商品の『価値』を徹底的に疑っているか?」というテーマでお話ししたいと思います。
 
本題に入る前にお知らせでございます。
 
 

お知らせ!ミュージカル『えんとつ町のプペル』いよいよ上演
 

ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』が11月14日からいよいよ始まります。
一般席はすでに SOLD OUTとなっておりまして、現在、ご購入いただけるのは「VIP席」と「オンライン配信チケット」となっております。
 
VIP席をお求めの方は『CHIMNEY TOWN BASE』で検索していただけると、11月21日の分のチケットが出ているので、そちらをゲットしていただだくか、あるいは、西野のツイッターに「○月○日の○時からのVIP席を出してください」とご連絡いただければ、手配いたしますので、お申し付けください。

劇場まで観に行けない方に向けて「オンライン配信チケット」もご用意させていただいております。
 
こちらは、定点カメラで乱暴に撮影したものではなく、キチンとカメラのカット割をしたものをキチンと編集した映像に加えて、オンライン配信特典として、僕と主演の吉原光夫さん、あるいは、僕とオリラジ藤森君による終演後のアフタートークがついてきます。
 
アフタートークは、生配信です。
 
オンライン配信チケットをお求めの方は『えんとつ町のプペル』『オンライン』で検索していただけると『ミュージカル えんとつ町のプペル/オンライン劇場 ZA』というページが出てきますので、そちらでゲットしてみてください。

ミュージカル えんとつ町のプペル | オンライン劇場 ZA

https://za.theater/events/54b16102-d98f-4dc1-9013-5079c515bea5


今、ミュージカルの制作は佳境に入ってますが、メチャクチャ最高の作品が仕上がってきております。
 
お楽しみに。
 
 

お知らせ!『プペル ~天明の護美人間〜』チケット抽選開始
 

そして、もう一点。
 
市川海老蔵さんファミリーが総出演する新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間〜』のチケットの先行抽選がローソンチケットさんで11月8日から、いよいよ始まります。
 
詳しい情報は追ってお伝えしますので、僕からは「確実に面白いものを作りますので、来年1月のスケジュールは空けておいてね」といったところです。
 
よろしくお願いします。

 

『映画 えんとつ町のプペル』再上映を来年も?


そんなこんなで本題です。
 
今日は、「キミは、キミの商品の『価値』を徹底的に疑っているか?」というテーマでお話ししたいと思います。
 
ここ数日の僕らまわりの主だった出来事でいうと、まずは、『映画 えんとつ町のプペル』の再上映が無事に終了しました。
 
再上映の詳しい結果(数字)に関しては、オンラインサロンの方で共有させていただいておりますが、プロジェクトの立ち上げ当初からの目標であった「劇場さんを勝たせる」「1館あたり(1上映あたり)のお客さんを増やす」は、なんとかクリアすることができました。
 
今年は良い結果が出たので、当然、こうなってくると、「来年も再上映しちゃう?」という話は自然と湧いてきます。
 
実際、最終日の舞台挨拶には偉い人達が楽屋に来てくださって、「来年、どうします?」的な話がフワッと出ていました。
 
それとは別で、本日、『映画 えんとつ町のプペル』のDVD&Blu-rayが発売となります。
 
昨日、フライングゲットされた方が、SNSに投稿してくださっていましたが、とにもかくにも、「僕が欲しいDVD&Blu-ray」を、丁寧に作った自信作ですので、是非、手にとってみてください。
 
本編の映像や、インテリアとしてのビジュアルもさることながら、特典映像の廣田監督と僕の対談もメイキング(制作の裏側)好きな人には超必見です。
 
すっごく個人的には、廣田監督の人柄も知ってもらいたいなぁと思っています。
 
 
とっても素敵な人なので。
 
廣田監督じゃなきゃ、『映画 えんとつ町のプペル』は作れませんでした。

https://www.amazon.co.jp/s?hidden-keywords=B09GNX2HZD%7CB09GNWR6JR%7CB09GNYHR4Y%7CB09GNXQQ62
 
 

家で観れる『映画 えんとつ町のプペル』を映画館で観るのか?
 

さて。
 
どうして、今、「再上映」と「DVD」の話をさせていただいたかというと、僕の次の興味が、「家で『映画 えんとつ町のプペル』が観れるようになった今、再上映される『映画 えんとつ町のプペル』を映画館に観にいく人はいるのか?」に向いているからです。
 
あえて「サービス」という言い方をさせていただきますが、ココこそが、サービスの掘り下げシロだと思います。
 
 
もっと大人な言い方をすると「ビジネスチャンスか否か?」です。
 
 
この場合、二つの結果があるわけじゃないですか?
 
「DVDで観れるから、わざわざ映画館には足を運ばない」という結果と、
 
「DVDで観れるけど、映画館で上映されるのであれば、映画館に行くよ」という結果。
 
前者の結果が出た場合、「映画(『映画 えんとつ町のプペル』)の「価値は、『情報』である」と言える。
 
知らないストーリーを知れたり、聴いたことがなかった挿入歌が聴けたり、そういった「情報」が映画の価値である、と。
 
一方で、後者の結果が出た場合、「映画の価値は、『情報』じゃない」と言えます。
 
だって、すでにDVDやBlu-rayで情報は仕入れていて、その上で、時間とお金を払って映画館に行くわけですから、そこには「情報以外の何か」を求めていますよね。
 
「体験」なのか、あるいは同じ目的を持った人達が同じ場所に集まることで生まれる「コミュニケーション」なのか。
 
 

「価値を探る実験」をやってみなくちゃ分からない!
 

で、現時点で、僕は、そこの答えを持っていないんですね。

今回のチャレンジで「映画の再上映にお客さんが来てくれる」ということは知れたのですが、「DVDが家にある状態の再上映に、お客さんが来てくれるかどうか?」を、僕は、まだ知りません。
 
これというのは、やってみなくちゃ分からないんです。
 
来年やってみて、「ああ、やっぱり、DVDを持っている人は、さすがに再上映には来てくれないか」となったり、「DVDを持っているのに、再上映に来てくれるんだ」となったり、そして、その結果を受けて「映画の価値が『情報』であるか、否か?」の判断が初めてできる。
 
テストを繰り返さないと分からないわけですが、「皆、このテストをしなさすぎじゃない?」というのが今日の話です。
 
昨日の放送で話した「おにぎりを売る時に『おいしい』『お腹がふくれる』以外の機能(役割)を考えてます?」という話と繋がってくると思うのですが、やっぱり、「思い込み」の力って本当に強くて、たとえば「絵本」は「読み物だ!「情報に価値がある!」とするのであれば、無料公開している絵本『えんとつ町のプペル』は一冊も売れないハズなんです。

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野)|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。

https://r25.jp/article/581356883170827173


だけど、無料公開後も売れているところを見ると、「インテリア」としての価値だとか、「親子のコミュニケーションツール」としての価値だとか、「おみやげ&ギフト」の価値があったりするわけじゃないですか?
 
ここを取りこぼしているのって、あまりにも勿体無いし、そもそも「取りこぼしている自覚もない」というのが問題だと思うんですね。
 
価値を探る実験って、「やってみなくちゃ分からないこと」なので、当然、空振りすることもあるんです。
 
でも、「自分で責任がとれる空振り」であれば、どんどんやった方が良くないですか?
 
これは僕の経験談なので、それなりの説得力があると思うのですが、新しい価値を見つけた時の、「ファーストペンギンの取り分」って、かなり大きいですよ。
 
流れでいうと、「そんなの良くない!」と批判する人が絶対に出てくるんです。
 
「絵本を無料公開するなんて良くない」とか、「映画を再上映するなんて良くない」とか、「映画をギフトにするなんて、搾取だ〜」とか。
 
その批判が大きければ大きいほど、「あれをやったら批判される」というイメージが広がって、参入障壁が上がるので、2〜3年は競合が生まれません。
 
なので、批判に潰されないメンタルを持ち合わせているのであれば、積極的に実験をして、その作品・商品・サービスの新しい価値を見出して、最初に手を出すことをオススメします。
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合 →画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合 →画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】 LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!
 

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/38025946

【Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』(2021年) | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/38025946


シェアする