『小さな作品』に魂を注ぐ理由

2021年10月29日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/228595

キンコン西野が『小さな作品』を作る理由 | 西野亮廣(キングコング)「#西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/228595

今日は「『小さな作品』に魂を注ぐ理由」というテーマでお話ししたいと思います。
 
現在製作中のファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の話です。
 
本題に入る前にお知らせをさせてください。
 
 

お知らせ!『映画 えんとつ町のプペル』31日まで再上映!

 
映画 えんとつ町のプペル』の再上映が始まっております。

 
10月31日までの「ハロウィン限定復活上映」となっておりまして、早いもので、泣いても笑っても、今日を入れて残り「3日」です。

そして、今回の再上映に合わせて、「舞台挨拶」をおこなうことが決まりました。

「舞台挨拶」のスケジュールは以下の通り。
 
【10月29日(本日)】
 
広島バルト11 11:35〜
TOHOシネマズ二条(京都) 14:50〜
ミッドランドスクエアシネマ(名古屋) 【SOLD OUT】
 

 
【10月31日(日)】
 
Tジョイ PRINCE品川 【SOLD OUT】
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 11:10〜
渋谷 HUMAXシネマ 【SOLD OUT】
TOHOシネマズ 新宿 【SOLD OUT】
TOHOシネマズ 池袋 【SOLD OUT】
TOHOシネマズ日比谷 17:10〜
TOHOシネマズ日比谷 19:50〜 (勉強会)
 

  
※チケットは各劇場のホームページで
 
※ただし、「TOHOシネマズ日比谷」に関しては、「10万分の1秒の音響映画祭」内の上映となりますので、チケットは「ぴあ」アプリ限定で先行販売!
※ご注意ください。「チケットぴあ」のアプリではなくて、「ぴあ」のアプリです!
 
舞台挨拶(30分トークショー)は、市川海老蔵さんと作る新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』の内容を喋っちゃおうかと思っています。
 
 

お知らせ!キングコング副音声の限定上映が決定!

 
そして、もう一点。
 
今回の再上映では、キングコングの副音声もございます。

  
HELLO MOVIE」というアプリをダウンロードしていただけると、映画を観ながら、キングコングの二人による糞トークが聴けます。
 
キングコングが延々喋っているので、間違いなく、映画の内容は入ってきません。
 
先日、僕も映画館で副音声を体験したのですが100%笑ってしまうので、真面目に観られている隣の席の方に迷惑がかからないように死ぬ気で笑いをこらえてください…と言われても、笑っちゃう時は笑っちゃうし、なんなら、遠慮なく笑いたいじゃないですか?
 
というわけで、『映画館でプペルを流しながら、キングコングのラジオを聴く会』という特別上映が決定しました。
 
もう、コンテンツのメインが変わっちゃってます。
 
「キングコングのラジオを聴く会」です。
 
この会に関しては、声を出して笑っちゃっても構いません。
 
『映画館でプペルを流しながら、キングコングのラジオを聴く会』の日程は本日19時から。
会場は『Tジョイ PRINCE品川』です。
 
チケットは劇場のホームページでゲットしてください。
 
よろしくお願いします。
 
そんなこんなで本題です。
 
 

「チケット代で採算を取る」というモデルからの卒業

 
今日は特に勉強になる回というわけでもなくて、近況報告に近いのですが、現在制作中のファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の話です。
 
先日、スナック西野のゲストに来てくださった市川海老蔵さんと、今回のミュージカルの話になりました。
 
来年1月に歌舞伎を控えていることもあって、やっぱり「ミュージカルでは、どんな表現をするの?」という話って盛り上がるんです。
 
海老蔵さんからは「ミュージカルで生まれたネタ、全部ください」と真っ直ぐな目で言われて最高だったので、そちらの模様は先々放送する『スナック西野』でご確認ください。

西野亮廣エンタメ研究所ラジオ【公式】

https://www.youtube.com/channel/UCOy5sLcFLqYNqZ1iurp4dCg


その話の流れで、今回のミュージカルのキャパの話になりました。
 
今回のファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の1公演あたりのキャパは250席とかそんな感じなんです。
 
そのことを海老蔵さんに伝えると、二つの意味でメチャクチャ驚かれて、一つ目は「採算が取れるの?」という驚き、二つ目は、「もっとたくさんの人に見てもらわないの?」という驚きです。
 
映画で170万人動員した後の一発目の仕事が、今回のファミリーミュージカルなので、そのキャパの落差に驚かれました。
 
こちらに関して順に説明させていただくと、まず今回の公演というのは「チケット代で採算を取る」というモデルから卒業することを目標に掲げてスタートしました。
 
やっぱり「チケットの売り上げで舞台を作る」というモデルだと、出来上がる舞台の規模に上限ができちゃうんですね。
 
分かりやすいところでいうと、「すげーセット」が組めない。
 
でも、僕、「すげーセット」ってメチャクチャ好きなんです。
 
だって、それって、普通に生きていれば、あるいは、エンタメ人として生きるにしても、利益のことを考えたら、作らなくてイイものじゃないですか?
 
今回のファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の舞台セットを見ていただいたら分かるのですが、こんなもの作らなくても、僕らは生きていけるんです。
 
むしろ、作らない方が生きていける。
 
でも、だから誰も作ろうとしない。だから、どこに行っても見かけない。
 
だけど、誰もやらないことを、誰もできないことをやるところに、表現者(ときどき酔っ払い)の矜持があって、少しキツい言い方をすると「誰もやらないことを、やらないなら、表現者なんて、とっとと辞めちまえ」と思うんです。
 
なので、早々に「チケット代の売り上げだけでやりくりする」という癖を殺さなきゃいけないと思って、今回のキャパを選びました。
 
 

世界のエンタメを獲るためのキャパ設定

  
そして、もう一つ。
 
「もっとたくさんの人に見てもらわないの?」という件について、ご説明させていただくと、たとえば、僕個人の話でいうと、ミュージカル公演の1週間前に日本武道館でイベントをするんです。
 
そこはまぁ『勉強会』なので、「舞台セットをどうこう」という話じゃないのですが、とはいえ、「武道館のサイズに合わせたセット」は組むんですね。
 
で、ここがポイントで、「武道館のサイズに合わせて作ったモノ」って、海外に持っていけないんです。
 
すっごい生々しい話になりますが、ぶっちゃけ今の僕や、今の僕の作品は、「海外の武道館クラスの劇場」を埋めるほどの支持は、まだ集められていません。
 
ニューヨークのブロードウェイに仕掛けて行こうと思ったら、「まずは200〜300キャパの劇場から」という話になるんですね。
 
フランスであろうが、中国であろうが、それです。
 
と考えると、200〜300キャパの劇場サイズの作品を作った方が、グローバルに展開できるので、結果的に見てもらう人が多くなる。
 
オンラインチケットのことは一旦忘れて、今回のファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』は約2週間ほど公演するのですが、その2週間の観客動員数よりも、武道館イベント一回の観客動員数の方が多いのですが、だけれど、グローバルを視野に入れた時には、明らかに前者の規模感で作っておいた方がイイ。
 
実際、ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の稽古場では、来年以降に仕掛けるブロードウェイ公演の話がチラホラと出て来ているのですが、「スタッフの座組みをどうする?」みたいな話にはなっても、「舞台セットをどう圧縮するか?」みたいな話にはならないんですね。
 
舞台セットを圧縮すると、それに伴って芝居の内容が変わってしまうのですが、日本からニューヨークに持っていく段階では、その問題は起きない。
 
僕らは世界のエンタメを獲りに行くことはハナから決めていて、そこに向けて正しい手を打っていきます。ぜひ、見届けてください。
 
ちなみに、ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』のオンライン配信チケットの販売が決定しました。
 
オンライン配信の方では、主演の吉原光夫さんと終演後のトークが付いてきます。
 
『えんとつ町のプペル オンライン』で検索していただけると、『ミュージカル えんとつ町のプペル オンライン劇場ZA』というページが出てくるので、そちらでゲットしてください。

ミュージカル えんとつ町のプペル | オンライン劇場 ZA

https://za.theater/events/54b16102-d98f-4dc1-9013-5079c515bea5

 
 
 
====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合 →画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合 →画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!
 

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/38025946

【Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』(2021年) | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/38025946

シェアする