その場でお金になる仕事と、『先行投資』としての仕事

2021年10月09日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/219783

その場でお金になる仕事と、「先行投資」としての仕事。 | 西野亮廣(キングコング)「#西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/219783

今日は、「その場でお金になる仕事と、『先行投資』としての仕事」という話をしたいと思います。
 
 

お知らせ!『えんとつ町のプペル』初台本読み合わせ生配信!
 

今年の11月におこなうファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の全キャストが一堂に会する「初台本読み合わせ」を生配信することが決定しました。
 

 

配信日時は10月10日(日)13時30分から。
 
日曜日とはいえ、その時間に立ち会えない方もいらっしゃると思うので、少しの間だけアーカイブも残ります。
 
生配信の参加チケットは1300円です。
 
興味がある方は『えんとつ町のプペル 稽古場を覗き見』で検索してみてください。

【稽古場を覗き見!】演出・西野亮廣+全キャストによる初台本読み合わせを生配信 | えんとつ町プペル

https://meets.ltd/poupelle/ticket_1010

すでに稽古は始まっているのですが、稽古場にキャスト&スタッフ(もちろん僕も)全員が集合するのは、この日が始めてです。
 
なんか、サラッと告知していますが、「日本のミュージカルスターが集まって、台本の読み合わせを生配信する」というのは、業界的には大事件で、「そんなの出しちゃって、いいの?」というところです。
 
ただ、作品が出来上がっていくところを共有できるのは、同じ時代を生きた人だけの特権だし、本番を観られる方にも「あれが、こうなったんだ」という楽しみが生まれるかなぁと思って、業界の超超タブーに挑戦してみました。
 
このメンバーでおこなうのは一生に一度しかないメチャクチャ貴重な回なので、是非、ご参加ください。
 
あと、稽古場でまぁまぁ真面目に働いている僕の様子もお楽しみいただけると嬉しいです。
 
開催は10月10日でございます。
 
宜しくお願いします。
 
 

お知らせ!『映画 えんとつ町のプペル』ハロウィン限定上映
 

そして、もう一点。
 
映画 えんとつ町のプペル』に関するお知らせです。
 

 
10月22日〜10月31日に『映画 えんとつ町のプペル』が劇場に帰ってきます。
 
ハロウィン限定復活上映でございます。
 
HELLO MOVIE」というアプリをダウンロードしていただけると、劇場で、キングコングの副音声なんかも聴けちゃいます。
 
映画の映像を見ながら、キングコングが二人で1時間40分喋り倒しています。
 
多分、映画の内容は入ってこないと思いますので、くれぐれも、もう何度も観た方にオススメします。
 
映画であり、ハロウィンイベントなので、泣いても笑っても上映は10月31日にキッパリと終了します。
 
 
そして「映画館に行けないよ〜」という方に向けて、『映画 えんとつ町のプペル』のDVD&Blu-rayの発売が決定しました。

https://www.amazon.co.jp/s?hidden-keywords=B09GNX2HZD%7CB09GNWR6JR%7CB09GNYHR4Y%7CB09GNXQQ62

Loppi &HMVさん、Amazonさん、楽天ブックスさん等で販売していますが、それぞれ特典が違いますので、詳しくは『映画 えんとつ町のプペル』の公式ホームページでご確認ください。
 
宜しくお願いします。

DVD&ブルーレイ 11月3日(水)発売決定! | プペル新聞 | 『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト

https://poupelle.com/news/?p=1035

そんなこんなで本題です。
 
 

僕には「仕事を貰う」という発想がない
 

今日は「その場でお金になる仕事と、『先行投資』としての仕事」という話をしたいと思います。
 
 
朝っぱらから、まぁまぁ踏み込んだ話をすると、コロナでいろんな業界がダメージを受けたと思いますが、当然、エンタメ業界ものっぴきならないダメージを受けたんですね。
 
たとえば、これまでできていたロケ番組ができなくなったり、ライブは客席制限がかかったり。
 
あるいは、ライブとオンライン配信とのハイブリッドが当たり前になったので、めちゃくちゃ生々しい話を言うと、「オンライン配信チケットが売れない芸人・タレントはライブにブッキングされにくくなった」ということもリアルにあったりします。
 
コロナの影響というのは、エンタメ業界にもモロに直撃していて、これまで忙しくしていた人が、仕事が減って、少し暇になったりしています。
 
その程度は様々で、「これは、まぁ、こういう時期だし、この時間を使って勉強しよう」みたいな感じで、ポッカリできた空白を、ちょっとした休憩時間のように捉えられる人(余裕のある人)もいれば、「仕事が無い。どうしよう」という、決して楽観視できない人もいる。
 
「じゃあ、僕自身はどうなのか?」というと、コロナによって、予定していたけど、できなくなったことは山ほどあるんです。
 
たとえば、コロナ前までは国内外で個展をしていたけど、自分が主催する個展になってくると規模も大きく、人をたくさん集めることが前提になっているので、さすがに前のようにはできない。
 
その他にも、できなくなったことはたくさんあるのですが、「じゃあ、今、暇か?」と訊かれたら、まぁ、そこまで暇では無いです。
 
「なるほど、じゃあ、コロナがきても、仕事のオファーが途絶えてないんだね」というと、そんなことは無くて、ここが今日の本題なんですけども、そもそも僕、「お仕事のご依頼フォーム」みたいなのを持っていないんですね。
 
厳密に言うと、多分、探せばどこかにあるのですが、それを前面に押し出していない。
 
キングコング西野に仕事のオファーを出す場合、どうすればいいか、ちょっと分からないんです。
 
「じゃあ、時々、受けている仕事はどうしてるの?」という話なんですけど、あれは、僕の知り合いが直接、僕に LINEしてくれたり、ウチのスタッフに LINEしてくださったりしているものが、ほとんどです。
 
要するに、「オファー仕事」で、生活をまわしていないんです。 
なので、「仕事が無い」というのが無いんです。 
「仕事を作る」か「仕事を作らない」かの2択です。
仕事が減ったとしたら、自分(自分たち)が、仕事を作っていないだけの話です。
「仕事を貰う」という発想がない。
 
今、絵本を作っていたり、ミュージカルをやったり、映画をやったり、歌舞伎をやったりして、そこそこバタバタしていますが、これら全て、「貰った仕事」じゃなくて「作った仕事」なんですね。
 
でも、この「自分で仕事を作る」ということって、すっごく大事だと思っていて、 
ここを持ち合わせていないと、時代の変化に振り回されてしまう。
 
「コロナ禍なので、お客さんと対面の仕事は無くなりました」となっても、自分で仕事を作る人だと「じゃあ、対面じゃない仕事を作ろう」となりますが、オファーを待ち続ける人だと、コロナ明けを祈り続けるしかない。
 
それって、あまりにも危ういじゃないですか?
 
やっぱり、どう考えても「仕事を作れる自分」でいることこそが、一番の安定で、その為にはどうすればいいか?という議論をした方がいいと思うんですね。
 
 

お金になる仕事ばかりだと、ジリ貧になる
 

でね、
 
「仕事を作る人」ではなくて、「オファー仕事だけで生きている人」…厳しい言い方をすると「オファー仕事に頼っている人」を観察していると、色々と共通点が見えてくるのですが、その中でも印象的なのが、「その瞬間にお金になる仕事しかやってない」というのがあるなぁと思いました。
 
ちょっと耳の痛い話かもしれませんが、聞いて下さい。
 
「オファー仕事に頼っている人は、その瞬間にお金になる仕事しかやってない」というのを逆に言うと「仕事を作る人は、その瞬間は、お金にならない仕事」もガンガンやっているということですね。
 
投資として、働いているんです。
 
僕、オンラインサロンメンバーさんには、自分が今、手がけているプロジェクトの予算規模(お財布事情)も逐一共有しているので、サロンメンバーさんは知っているのですが、「その瞬間、お金になることをやる!」ということで考えると、絵本も、ミュージカルも、歌舞伎も絶対にやってないんですね。
 
むしろ、その仕事単体で黒字を作ってしまうように仕事をデザインすると、お客さんの予想を裏切ってこないので、次に繋がらない。
 
この話は長くなりそうなので、今日のサロンで詳しく話したいと思いますが、ここでの一旦のまとめとして、「お金になる仕事ばっかりしていたら、ジリ貧になるよ」ということです。
 
不安定な時代だからこそ、自分で仕事を作る力は求められていて、「先行投資的に働く」というのはすっごく大事だと思います。
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合 →画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合 →画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】 LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!
 

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/38025946

【Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』(2021年) | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/38025946

シェアする