「貧しさ」と「攻撃性」

2023年05月13日

書いた人:西野 亮廣 公式LINE

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/527493

バカと無知 ~「貧しさ」と「攻撃性」について~ | 西野亮廣(キングコング)「キンコン西野【10月28日は幕張メッセ】」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/527493

 
 
経済的に成功している人は、人に優しい

 
早いもので最新刊『夢と金』の発売から、まもなく1ヶ月が経とうとしています。
 
「発売から1ヶ月は、キャンペーン活動としてVoicyで『夢と金』の内容に触れる」と決めていたので、あと数日だけ『夢と金』関連の話が続きます。
 
そんなこんなで今日は「貧しさ」と「攻撃性」というテーマでお話ししたいと思います。
 
これを言うと批判もそこそこありそうなので、普段なかなか言いにくいところではありますが、皆さんの周りにいる“経済的に成功している人”って、ものすごく人格者だったりしません?
 
なんか大きくて優しかったりしません?
 
「え? それを許しちゃうんだ」みたいなことを平気でやったりする。
 
僕、以前、新幹線のグリーン車に乗ってる時に「椅子を倒していいですか?」と後ろの席の方に断りを入れて、リクライニングを倒したことがあって…その時(ちょっと説明が難しいんですけども)、後ろの席の人が窓にかけていた(服のタグで引っ掛けていた)コートを僕の椅子が後ろに押し込む形になって、結果、服のタグを千切ってしまったんです。
 
すぐに立ち上がって目を見て「すみませんっ!」と言ったら、もう「大丈夫ですよ〜」という落ち着いた笑顔で、「いえいえ。これは私のミスです。余計な気持ちにさせてしまってすみませんでした」と逆に謝られたんです。
 
僕を落ち着かせる為に、あの笑顔を作って下さったんだと思うんですけども、大切なコートのタグが切れたことで気持ちが揺れ動いた感じが1ミリもなかったんです。
 
その人を見てみると、身なりから、もの凄く品があって、明らかに経済的に成功している感じなんです。
#あの笑顔は忘れられない
 
 

「優しさ」は後天的なものなのか、先天的なものなのか?

 
一方で、いわゆる「クレーマー」と呼ばれる人達の中に、こういう「明らかに経済的に成功している人」って、あんまり見当たらない。
 
経済的に成功しているから余裕が出て、人に優しくなれるのか?
 
それとも、人に優しくできる人だから経済的に成功したのか?
 
つまり、「優しさ」というものが後天的なものなのか、それとも先天的なものなのか? という問いがある。
 
そして「貧しさ」と「攻撃性」には因果関係はあるのか? という問いがある。
 
この答えを探すヒントとなるようなことなんですけども…
 
作家の橘玲(たちばなあきら)サンが『バカと無知 ~人間、この不都合な生き物~』というご著書の中で、「徹底的に社会的な動物である人間は、集団としての自尊心が低下すると攻撃的になるが、それは同時に、個人としての自尊心が揺らいだ時もきわめて危険だ」と書かれています。
 
この話がメチャクチャ面白かったんですけども、日本人の「反韓・反中」のノリってあるじゃないですか?
 
僕はまったく理解できないし、支持もしませんけども、でも、確かにありますよね。
 
「先に、攻撃してきたのはアイツらだ」的な。
 
ただ、この「反韓・反中」が叫ばれるようになったのって、2009年頃からなんですね。
 
その前は、あるにはあったのかもしれませんが、あんまり無かった。
 
僕と同世代の人は頑張って当時の記憶を思い出していただきたいんですけども、学生時代に「韓国許せない」とか言ってるヤツ、一人もいなかったでしょ?
 
ただ、韓国や中国は昔から「反日」なんです。
 
「先に攻撃してきたのはアイツらだ」という言い分に整合性をもたせるのであれば、日本も昔から「反韓・反中」であるハズなのに、そうはなっていない。
 
 

経済的に貧しくなると、人は攻撃的になる

 
これですね、日本が「貧乏臭く」なっていく過程と(「アジアで一番」という自尊心が揺らぎ始めた時期と)、「反韓・反中」の声が大きくなり始めた時期がビッタリ重なってるんです。
 
昔は、韓国や中国が「反日活動」していても、歯牙にもかけてなかった。
 
「へぇ、そうなんだ」ぐらいに思ってたけど、中国に抜かれ、韓国にエンタメでボロ負けしたあたりから、「なんだよ、アイツら」となった。
 
Twitterも気がつけば、どんどん攻撃的になってると思いませんか?
 
誰かを批判するか、論破するか、あるいは、五輪の開会式のクリエイターを片っ端から攻撃して「キャンセルカルチャー」を巻き起こすか。
 
どうやら経済格差が広がると、自分が虐げられていると感じる層が増えて、自尊心が揺らいで、その結果、人は攻撃的になるみたいです。
 
「優しさ」を「先天的なもの」と言い切れない理由はこれです。
 
「優しい子に育って欲しい」と願うお父さんお母さんは、「自尊心が揺らぐと、経済的に貧しくなると、僕らは優しさ(余裕)を奪われ、攻撃的になる」ということは頭に入れておいた方が良さそうです。
 
最新刊『夢と金』では、生きていく上で絶対に必要な「お金の知識」が学べます。
 
大切な人、守りたい人、そして子供達と一緒に読んでみてください。
 
 
『夢と金』(キングコング西野亮廣)
https://www.amazon.co.jp/dp/4344040503?tag=chimneytown-22
 
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!
  
 
▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\メールアドレスのみで利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

※サロンメンバーさん同士交流される場合は今まで通りFacebookアカウントが必要です※

 
\公式LINEができました/
▼西野亮廣 公式LINEはコチラ↓
https://lstep.app/bew62ko

シェアする