コロナの補助金問題に揺れる舞台作品の現状

2022年11月25日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/425418

コロナの補助金問題に揺れる舞台作品の今 | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/425418

 
 

「合格点」な今年ですが、最後に大山が待っていた

 
毎年年末に5日間ブッ通しで『天才万博』という大忘年会がありまして、お客さんが入る「イベント」なので、本来であれば僕も「出演者」として出るべきなのかもしれませんが、毎年1月1日から本当にブッ通しで働いているので、この日だけは、ダラシなく呑んだくれたいと思って、いつも「お客さん」として参加しているんです。
 
今年も「お客さん」として参加して、客席で呑んだくれるつもりで、早々に年末の5日間のスケジュールを押さえたのですが、自分の中で「ダラシなく呑んだくれる為の条件」というのがありまして…それが「1年間全力で走り抜いた」なんです。
 
僕、過去に『天才万博』で呑みすぎて寝ちゃったことがあるんですけども、ただ、自分の中で「今年は、これだけ頑張ったんだから、許して」があるんです。
 
周りにいる人達もスヤスヤ眠っている西野を見て、「…でも、まぁ、今年、西野は頑張ったもんな」と思ってくれているハズだと。
 
『天才万博』で呑んだくれるには、そのラインを越えていることが大事なんです。
「今年は走り抜いたぞ!」と堂々と胸を張れないと、あそこで、あの感じでお酒を飲めないんですね。
 
それで言うと、今年は合格点も合格点です。
 
歌舞伎に始まり、キングコングの武道館ライブ、ニューヨークのリーディング公演、新作映画の脚本を2本書き上げ、そして皆さん、お待ちかね、ミュージカル『えんとつ町のプペル』の大阪公演でございます。
 
まさかまさか、最後の最後で大山が待っていました。
 
ここのところは、毎日、ミュージカル『えんとつ町のプペル』の大阪公演の対応に追われています。
 
片付けても片付けても、新しい問題が次から次へと発生して(発覚して)、まるで解放してくれないんです。
 
だけど、クリエイティブチームから時々送られてくる映像を観ると、なんか、凄いことになっていて、「この作品は一人でも多くの方に届けなきゃダメだ」と思うんです。
 
あと、キャストさんや演出陣をクリエイティブに集中させてあげたい。
余計な心配はかけたくない。
 
というわけで、連日「ボランティア」として協力させていただいております。
 
自分が主催しているイベントでもなければ、自分が出ているイベントでもないので、関わり方が少し難しかったりもしますが、それでも自分が出来ることを探して、セッセとやっています。
 
普段やっていることと、まったく違う動きなので、面白がっています。
 
 

チケット2000枚を『チケットぴあ』と『手売り』で販売!

 
報告としまして…昨日、お話しした「追加でかかる予算=1000万円」に関しては、CHIMNEYTOWNの方から『融資』という形で用意して、昨日(11月24日)、無事に入金を済ませました。
 
これで、「未払い問題で公演中止」みたいな最悪の事態を無事に回避することができました。
 
そろそろ突っ込まれそうなので、先に言っておきます。
 
「なんで、西野さんやCHIMNEYTOWNがそんなことまでしてるの?」という疑問をお持ちの方がいるかもしれませんが、僕がそれを考えたら「終わり」だと思っています。
 
なので、僕の体内にある全ての「つじつま」をゴミ箱に捨てて、臨んでいます。
 
そんな中、「補助金問題」に動きがありました。
一昨日、補助金用に確保していた席の半分(約1100席)を解放して、再び、チケット販売をスタートさせましたが、今日は「残りの900席」についてです。
 
結論から申し上げますと、もう「補助金」を受け取ることは諦めました。
 
このまま待っていても申請の許可が降りない可能性があるし、このまま待って許可が降りたとしても、そこからだと、「お客さんの招待」が間に合わないので。
 
お客さんを1000人近く招待するのって、メチャクチャ大変なんです。
なので、補助金を受け取ることを諦めて、残りの900席も販売することになりました。
 
つまり、初日まで10日を切った段階で、チケットを2000枚販売しなきゃいけなくなったわけですね。
 
だけど、僕的には「温度の低い招待客や、招待客が来なかったが為に生まれた空席」が客席の多くを占めている舞台というのは、あまり望んでいなかったので、「結局、売ることにしたんかい」という遠回り感はありますが、これで良かったなぁと思っています。
 
ただ、「残りの900席もバラして『販売』に切り替える」には、大きなリスクが伴います。
 
それは何かというと「『チケットぴあ』で販売できない」です。
厳密に言うと、今から『チケットぴあ』にお願いして、販売の手続きをしても、間に合わないんです。
 
じゃあ、残りの900枚近くのチケットはどう捌くのか?
これが最高なんですけども「手売り」ですって。
 
手売り。
 
こりっち」という、舞台に特化したチケット販売サイト(決済サイト)を使って、本日の17時から手売りを始めるそうです。
 
チケットぴあ』と『手売り』の二本柱で、今回の補助金問題を乗り越えようというのです。
 
僕、明日からミュージカル『えんとつ町のプペル』の大阪公演のサポート用にガッツリとスケジュールを空けているので、望むところです。
 
とりあえず今日は、ミュージカル『えんとつ町のプペル』の現在地を共有させていただきました。
 
初日は12月3日。もう間もなくです。
 
ここからの僕らの逆転劇をどうぞ見届けてください。
バッキバキにやってやろうと思います。

https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2224382&rlsCd=001
 
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!
 
 
\公式LINEができました/
▼西野亮廣 公式LINEはコチラ↓
https://lstep.app/bew62ko  
 
▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする