スケジュールを空けてスタンバイすることにしました

2022年11月21日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/422961

スケジュールをガッツリと空けましたよ!! | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/422961

 
 

ミュージカル『えんとつ町のプペル』大阪公演、補助金用の席を確保していたが…

 
さて。
 
12月3日に、いよいよ開幕するミュージカル『えんとつ町のプペル』の大阪公演ですが、先日、お伝えしたとおり「補助金問題」によって、揺れに揺れております。
 
あらためて、状況をお伝えすると…、現時点ではオンラインチケットは販売しておりますが、オフライン(劇場で観れる)チケットは買えません。
 
一旦、「完売」ということになっています。
 
ただ、舞台には「補助金申請」というものがありまして、申請が通れば、「劇場に子供を招待する分の予算」が下りるのですが、ミュージカル『えんとつ町のプペル』は、その補助金申請を出して、今、結果を待っている状態なんです。
 
つまり、子供を招待する用の席を(販売せずに)空けておかなきゃいけない。
 
そこで空けている席が「2000席」なんです。
 
「に、2000席? なんで、そんなに補助金を貰おうとしたのよ。たとえ、補助金の許可が下りたとしても、そもそも2000人の子供を今からどうやって招待するのよ!」と疑問を持たれた方もいるでしょう。
 
ご安心ください。
 
僕らはその4000倍ぐらい疑問に思っています。
 
そちらに関しては今回の公演を主催するプロデューサーさんに会った時に、腹パンを決めてやります。
 
そこを突くことは今日の本題ではありません。
 
今日の放送の目的は「現状報告と、その対策を共有すること」です。
 
 

1167席を解放!23日10時から販売します!

 
で、プロデューサーさん的には「22日まで補助金の結果を待ちたい」ということだったので、そこは尊重して、ただ、そこから動いてしまったら、許可が下りたとしても(2000人を招待するにしても)、許可が下りなかったとしても(2000枚を販売するにしても)どっちみち間に合わないので、補助金用に確保していた座席の約半分にあたる「1167席」を解放して(つまり、その分の補助金は諦めて)、11月23日(水・祝)の10時から『チケットぴあ』にて販売します。
 
 
大切なので、もう一度言います。
 
11月23日(水・祝)の10時から『チケットぴあ』にて、ミュージカル『えんとつ町のプペル』の大阪公演のチケットを販売します。
 
皆様、どうかスタンバイしておいてください。
 
 
そして!
 
22日まで「補助金」の申請の結果を待つわけですが、そのタイミングで申請が下りたら、そこから、残りの「848席分」…つまり、848人の子供達に招待の声をかけなきゃいけない。
 
これはこれで大変です。もう10日前とかなので。
 
逆に、申請が通らなかったら、今度は残りの「848席」を売らなきゃいけないわけですが、そこから『チケットぴあ』さんとやりとりしても、どれだけ早くても、販売開始できるのは1週間後とかです。
 
つまり、公演3日前とか。
 
というわけで、補助金の申請が通らなかったら、残りの「848席」は手売りということになりそうです。
 
「おいおい、何を直前になって、おかしなことをやってんだよ。こうなることぐらい、もっと前から分かってただろ!」という疑問を持たれた方もいるでしょう。
 
ご安心ください。
 
僕らはその8000倍ぐらい疑問に思っています。
 
そちらに関しては今回の公演を主催するプロデューサーさんに会った時に、カーフキックを決めてやります。
 
そこを突くことは今日の本題ではありません。
 
今日の放送の目的は「現状報告と、その対策を共有すること」です。
 
 

「応援する」と決めて、スケジュールを空けておくことにしました!

 
とにかく、今、お話ししたことが、嘘偽りのない大阪公演の現状で、もうお分かりいただけたと思いますが、公演まで2週間をきったこの時点で、まだ、不確定要素だらけなんです。
 
どんな問題かは分かりませんが、問題が起きることは確定しています。
 
想像できないようなピンチがこの先待っていると思います(笑)
 
 
というわけで、今日のタイトルにありますとおり、いろいろと調整しまして、11月26日からは、ミュージカル『えんとつ町のプペル』の大阪公演のトラブルに対応する為に、スケジュールを空けておくことにしました。
 
途中、Zoom会議がチョコチョコ入っていますが、基本的にはスケジュールは真っ白なので、どんな球が飛んできても対応できます。
 
これ、誤解があるといけないので、ここで念を押しておくと、今回の大阪公演は僕たちCHIMNEYTOWNが主催するものではなくて、上演権をお渡しして、別の団体がおこなう公演になっています。
 
僕がここまでコミットすると、「おい、西野!あれはどうなってんだ!これはどうなってんだ!」というご意見が僕の方に届いたり、「オンラインチケットはどこから買えるんですか?」等のご質問が僕の方に届いたりしちゃうのですが、くれぐれも、僕らの会社がおこなう公演ではございません。
 
劇団四季ミュージカル『バケモノの子』の公演の詳細を細田守監督に聞いても、細田監督は答えを持っていないように、基本的には僕もミュージカル『えんとつ町のプペル』の大阪公演の答えを持っていません。
 
ただ、もう「応援する」と決めたので、11月26日からはガッツリとスケジュールを空けて、カスタマーセンターのような動きを見せてやります。
 
言うまでもなく、もちろん「ボランティア」でございます。
 
面白いからやってやります。
 
というわけで、皆様、ここから初日の幕が上がるまで10日チョイのドタバタ劇をお楽しみください。
 
絶対に成功させてやろうと思います(笑)
 
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

 
\公式LINEができました/
▼西野亮廣 公式LINEはコチラ↓
https://lstep.app/bew62ko

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする