【西野亮廣】今後、NFTは「ハイブランド(ハイブランド商品)」のように定着する!?

2022年09月18日

※この記事は、2022年9月16日に掲載された「GOETHE」(幻冬舎)の記事より一部転載しています。

少しだけ見えてきたNFTの輪郭

NFT(主にSNSのアイコン画像のNFT)に本格参入してから1週間が経ちました。(2022年9月5日現在)
1日1体ずつオークション形式で出して(日曜日はお休み)、計6体。
6体の合計価格は19ETH(イーサ)となりました。
日本円にすると、約420万円です。
0.01ETH(約2200円)で出している「SHINZO(心臓)」のNFT(数量無制限)は、この1週間で2500個ほど売れて、日本円にすると550万円ぐらい。

売上はすべてDAOコミュニティ「チムニータウンDAO」で使っています。
ちなみに、『ニウエ』という人口1800人ぐらいの国(世界一海が綺麗な国)に、そこそこ高い焼却炉をプレゼントしたのですが(※ゴミ焼却施設が無いと海が汚れるのよ)、ニウエの焼却施設の設備投資とかにまわすのもアリかも。
#たとえばね
「ゴミを売って、海を綺麗にする」という物語は素敵です。
せっかく、『CHIMNEY TOWN』だし、せっかく『Poubelle』なので、そういった「物語に絡めた使い方」がイケていると思います。
この「売上の使い方」の話は、あとで出てくるので、ちょっとだけ覚えておいてください。

さて。
NFTのデパート(OpenSea)の取引量が今年5月に比べて99%減という状況で、数多のNFTプレイヤー達が目眩でクラクラしているタイミングで、僕らは参戦を決めました。

その真意は、Voicyでもお話ししましたが…
NFTを「稼げる/稼げない」で議論し、「稼げない=オワコン」と結論づけるのは、あまりにも勿体無いと僕は思っています。
正しくは「投資対象になることもある」というところで、NFTの面白さ(可能性)は、それだけではありません。

たとえば、『鍵』とか『チケット』の受け渡しって面倒臭いじゃないですか?
わざわざ待ち合わせをしたり、あるいは郵送しなくちゃいけない。
NFTはそれをオンラインでやれるようにしたわけで、「値が落ちたから無価値だよね」は、投資家の一つの言い分でしかありません。

たとえばね…
今、兵庫県川西市に造っている『見上げる家(西野邸)』は「レンタルスタジオ」としても貸し出そうと思っているのですが、当然、「鍵の受け渡し」の問題があります。
今のところは『Akerun』というスマートロックのシステムを使おうかと思っているのですが、それこそ「鍵そのもの」をNFTで売り出せば、決済はそこでできちゃうし、買った人は「(その日の)鍵の転売」もできる。

このNFTには「投資価値」はあまり無いと思うのですが、決済手段や受け渡し手段として、単純に「便利」なわけで、そこに価値はあります。

なので、投資家でもないのに、NFTを「稼げる/稼げない」だけで見ている人って、ものすごくアホなんです。
#言葉を慎め
NFTは、あくまでツール(手段)であって、「お金」と同じで、そこに、「綺麗」も「汚い」もないし、良し悪しもない。
NFTという選択肢は「知らないよりは、知っていた方が、自分達の生活が豊かになるよね」というぐらい。

「投資対象」ではなく、「投資対象にもなりうる」のがハイブランド

さて。
NFT(主にSNSのアイコン画像NFT)は、これからどこに向かうのでしょうか?
生き残るとするのであれば、どんな生き残り方をするのでしょうか?

(続きはこちらから【連載「革命のファンファーレ~現代の労働と報酬」】)

【西野亮廣】今後、NFTは「ハイブランド(ハイブランド商品)」のように定着する!?

https://goetheweb.jp/person/article/20220916-nishino-60

シェアする