メキシコ人気の観光地『カンクン』ってどんなとこ?

2022年06月13日


(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/338685

メキシコ人気の観光地『カンクン』って、どんなとこ? | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/338685


今日は、メキシコ滞在最終日ということで、「メキシコ人気の観光地『カンクン』ってどんなとこ?」という優しい放送をお届けしたいと思います。

本題に入る前にお知らせです。



『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催!


西野亮廣講演会』のお知らせです。

全国各地で続々と開催が決まっています。

7月2日(土)に沖縄、
7月16日(土)に豊橋、
7月18日(月)に福岡、
8月7日(日)に東京、
8月20日(土)に熊本、
9月4日(日)に岐阜で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます

私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。

チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。

サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。

会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。

チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。

講演会開催情報

https://kouenkai.chimney.town

よろしくお願いします。



今週の『スナック西野』はスーパーテレビマンの佐久間さん 


月に2度(隔週土曜日)に、僕の友人やお仕事でお世話になった方を自宅にお招きして、お酒を呑みながら、今、現在進行形で向き合われているお仕事の話を、お客さんの存在をそこそこ無視しながらネホリハホリ聴き倒す(あるいは喋り倒す)『スナック西野』というYouTubeのメンバーシップがあるのですが、今週のゲストは『ゴッドタン』や『あちこちオードリー』でお世話になっているスーパーテレビマンの佐久間宣行さんです。

佐久間さんとのお付き合いは本当に長くて、『キンコンヒルズ』という、梶原君が唯一テレビで力を出せた奇跡の番組でご一緒させて頂いたのが始まりです。

もう10年以上前の話ですね。

そこから、僕が調子に乗り出した頃に、『ゴッドタン』や『あちこちオードリー』といった番組に呼び出されて、タコ殴りにされる…という伝統芸能に繋がったわけです。

佐久間さんの凄いところは、秋元康さんとか、鈴木おさむさんとかもそうですが、批評する側に回らず、今なお新作を作り続けているところで、そこはもう尊敬しかないんですね。

もう、僕、シンプルに「頑張ってる人」が好きなんだよね(笑)

そんな佐久間さんに「次、何やるんですか?」という質問をぶつけてみました。

とても面白い回になっておりますので、西野亮廣のYouTubeチャンネルから、チェックしてみてください。

今週土曜日です。

西野亮廣 / Akihiro Nishino

https://www.youtube.com/channel/UCOy5sLcFLqYNqZ1iurp4dCg

よろしくお願いします。



カンクンが世界中の人々を魅了する自然


そんなこんなで本題です。

Voicyをやっていると、もちろん自分もそこに加担しているのですが、気がついたら「いいこと(役に立つこと)を言わなきゃいけない雰囲気」になっていて、息苦しさもあるので、今日はちょっと息抜き回で、「メキシコ人気の観光地『カンクン』ってどんなとこ?」というOLさん向けの放送をお届けしたいと思います。

日本を経ってから、かれこれ1週間チョイ。

今日の今日まで僕はメキシコの人気の観光地である『カンクン』という場所にいました。

ニューヨークでお仕事が入っていたもんですから、「そのついでに」ということで、メキシコに寄ったのですが、中でも「カンクン」を選んだ理由は、一緒にミュージカルを作っているスタッフの小野さんが「カンクンのシルク・ド・ソレイユが良かった」と絶賛されていたからです。

自分が観ていないエンタメがあることが自分的には許せなくて、小野さんから教えてもらった時に、ソッコーで「カンクン行き」を決めました。

そんなこんなでシルク・ド・ソレイユ目当てでカンクンに来て、そのついでに色んなショーも観てまわりましたが、個人的には「ショー」に関しては南国アドバンテージ(温かい国というだけで楽しい)がかかっていると思っていて、よくよく見ると内容は、「やっぱりブロードウェイとかラスベガスの方が2枚も3枚も上手」といった感想を持ちました。

正直、ツメが甘いなぁと思うところもたくさんありました。

逆に言うと、「ショーのツメが甘くても人気の観光スポットになっている」というところなんですけども、じゃあ、何が世界中の人々をそんなに魅了しているかというと、これはもう文句無しに「自然」です。

「自然」と言われても、すぐに見飽きるし、退屈な人からすると退屈じゃないですか?

「カンクン」が凄いのは、「大自然をまるごと舞台にしたテーマパークがものすごく充実している」と言うところです。

この自然を丸ごと舞台にしたテーマパークのことを、こっちでは「ネイチャーパーク」とか「エコロジカルパーク」とか呼んだりするらしいのですが、僕が行ったのは「シカレ」と「エクスプロール」と「サベージ」の三つです。



自然を舞台にしたテーマパークの規模がバグってる


一つ一つのアトラクションは、たとえば「ラフティング」だったり、「洞窟の中の地下水道を泳いでいくヤツ」だったり、あとは子供が大好きな「ジップライン(ターザンみたいなやつ)」だったりするのですが、その規模がとんでもないんです。

たとえば、日本にあるジップラインって、一番短いのでいうと、アスレチックとかにあるようなヤツですよね。

今、調べてみると、まもなくニセコに日本最大のジップラインができるそうなのですが、3コースあって、総滑走距離が「2591メートル」だそうです。

これもアジア最長らしくて、ものすごいことなんですけども、たとえば、「エクスプロール」のジップラインって、総滑走距離が「約4キロ」あるんです。

ちょっと数字がバグってますよね。

ジャングルの上を4キロ飛ぶんです。

恐ろしいのが、その総滑走距離が約4キロのジップラインのスタート地点およびゴール地点から、鍾乳洞の地下水道を泳いでいくアトラクションの入り口までが歩いて5〜6分で、またその出口から、ジャングルの中をバギーで5キロぐらい爆走(自分で運転)するアトラクションまでが歩いて5〜6分です。

要するに、「全ての自然」が近いんです。

普通、「あれを観に行こう」と行った先に待っている自然って、一つじゃないですか?

だから、「大自然に触れる」というのは一日仕事になりますよね。

カンクンは違うんです。

「富士山に登ったら、そこからパラグライダーで降りて行って、降りた先に巨大な滝があって、そこからラフティングで川を下った先に、コバルトブルーの海が広がっている」みたいな感じで、大自然コンボを何発も決め込んでくるんです。



カンクンに行くなら体力勝負


ちなみに、さっき言った「シカレ」と「エクスプロール」と「サベージ」という3つのネイチャーパークは全部近いんです。

あと最高なのは、もちろんちゃんとしてますが、若干(本当に若干!)パークとはいえ、「わずかに命の危険を感じる」というところですね。

昨日、僕、「サベージ」というパークにいって、そこで地上50〜60メートルぐらいの綱渡りみたいなのをしていて、まぁ、それだけでも命の危険を感じたのですが、もちろん命綱をしているものの「落ちたら、どうしようかな」と思って下をみたら大きな川が流れていて、「ああ、最悪、落ちても大丈夫なようになってるんだ」と思ったら、よくよく見ると、しっかり「ワニ」とかいるんです(笑)

ワニがこっちをジッと見てるんです。

こんなの、フック船長の世界観じゃないですか。

この「ワンミスで終わるぞ」という感じって、なかなか日常生活では味わえないじゃないですか。

だから最高なんです。

ちなみに「カンクン」は観光地なので治安は良いです。

ただ、「カンクン」に行かれるのであれば、目的と同行するメンバーは明確にしておいた方がいいです。

結構、「体力勝負モノ」が多いので(というかそれが魅力なので)、口を開けば「しんどい〜」という人と一緒に行っちゃうと、かなりストレスかもしれません。

そのへんをキチンと抑えておくと、「カンクン」はすごくイイところです。

皆様、是非、「カンクン」にお越しください。

#どのスタンスで喋っとんねん

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合 →画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合 →画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】 LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓

\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする