ライブはいつも「これが最後」

2022年03月02日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/287067

ライブはいつも「これが最後」なんだよ | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/287067

今日は『ライブはいつも「これが最後」なんだよ』という話をしたいと思います。
 
本題に入る前にお知らせをさせてください。
 
 

お知らせ!新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』オンライン配信参加者「2300名」突破
 

今年1月に新橋演舞場でおこなった新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』のオンライン配信の参加者が「2300名」を突破しました。

本当にありがとうございます。
 
こちら出演は、市川海老蔵、そして、市川ぼたん、市川勸玄のダブルキャストとなっております。
 
もともと「記録用」に撮っていた映像なのですが、千秋楽がコロナで中止になったことを受けて、「一人でも多くの人に届けよう」ということで話がまとまり、こうしてお届けできることになりました。
 
チケットは、ぼたんちゃんの出演回と勸玄君の出演回のチケットがそれぞれ3500円。
両方の公演をセットで見ることができるチケットが5000円となっております。
 
アーカイブは4月5日まで残ります。
 
オンライン配信チケットをお求めの方は『プペル歌舞伎 配信』で検索してみてください。

成田屋倶楽部 三千世界

https://n-sanzensekai.jp/

よろしくお願いします。
 
 

お知らせ!『毎週キングコングin日本武道館』オンライン配信参加者9700名突破
 

そして、もう一点。
 
一昨日、日本武道館でおこなった『毎週キングコングin日本武道館』のオンライン配信がスタートしました。
こちらのアーカイブは3月15日まで残ります。

そして、こちらの『毎週キングコングin日本武道館』のオンライン配信の参加者が現時点で、なんと「9700名」となっております。
 
本当にありがとうございます。
 
こちらは5カメか6カメ&クレーンカメラで、ゴッリゴリに配信用に撮影したもので、僕も昨日、見させてもらったんですが、もうね…ものすごいことになってます。
 
僕はステージの上からの景色しか知らなくて、見落としている部分もたくさんあったのですが、なんと言っても最初ですよ。
 
今回のライブでは、オープニングの演出&満員の武道館に感極まった梶原さんが号泣しているんですけど、僕、徐々に涙が湧いてきたものだと思っていたんです。
 
実際、現場で、梶原君が泣いていることに気がついたのは、登場して少し経ってからだったので。
 
でも違うんです。
 
二人の登場はステージ下から、せり上がってくるんですけど、「キングコング西野」と「号泣してるオッサン」が上がってくるんです。
 
梶原さんったら、客席を見て泣いたんじゃないんです。
すでに泣いてたんです。
 
僕、これを今回の映像で観て、声出して笑っちゃったんですけども、そこも見どころです。
 
カメラさんが、ちゃんと梶原さんの顔のアップを撮ってくださってました。
いやぁ、この配信は超オススメです。
 
お求めの方は『キングコング武道館 配信』で検索してみてください。
 
「ローチケ」さんの方で販売しております。
 
アーカイブは3月15日の18時まで残ります。

ローチケ LIVE STREAMING

https://l-tike.zaiko.io/item/346462

 
よろしくお願いします。
 
 

行くかどうか迷った時は、絶対に行った方がいい!
 

そんなこんなで本題に入りたいと思います。
 
 
今日は『ライブはいつも「これが最後」なんだよ』という話をしたいと思います。
 
お笑いライブや、音楽ライブや、歌舞伎や、ミュージカルや、演劇や、バレエなどなど。
 
結論から申し上げますが、「行くかどうか迷った時は、絶対に行った方がいい!」です。
 
それこそ、一昨日の武道館公演の終わりで、ありがたいことに本当にたくさんの方が感想を呟いてくださったり、あとは、舞台の雰囲気がわかる写真をアップしてくださったおかげで、武道館に来られた方や、配信を見られた方以外にも、『毎週キングコングin日本武道館』の様子が届きました。
 
それを見られた方から、「行くかどうか迷ったんですけど、やっぱり行けば良かったです。また、やってください」というコメントが、もう本当にたくさん届いたんですけども、残念ながら、キングコングが二人で武道館ライブをすることは、もう二度と無いんです。
 
キングコングが次、何かやるとしても、次は「違うこと」をします。
 
この「やっぱり行けば良かったです。また、やってください」という声って、今回に限らず毎回あるんですけども、基本、ライブに関しては「同じやつを、また、やります」は無いんです。
 
演劇にしても、再演はあっても、まったく同じキャストでやることなんて、ほぼ無い。
 
ワンチャン、同じキャストでも、年齢を重ねたことによる変化が確実にあるんです。
リアルなことを言うと、「声が出なくなってきている」とか。
 
ライブって、毎回最後で、「もう二度と無いもの」なんです。
だから「ライブ」なんです。
 
で、今日の話はそこが本題じゃなくて、「行くかどうか迷ったんだったら、行った方がいい」という話です。
 
物理的に行けないのは仕方がないですよ。
それこそ、こんなご時世ですから、「行きたくても行けない」という方もいる。
それは仕方が無いです。
 
じゃなくて、今は、「行けるけど、行くかどうか迷っている」と言う人に向けて喋っています。
 
ハズレのリスクを考えて迷っていると思うのですが、そもそも、どんな時に「ハズレ」を感じるかと言うと、「思ってたんと違う」となった時ですよね。
 
ポイントはここで、行くかどうか迷っている時点で、もう自分の琴線に触れているわけじゃないですか。
 
つまり、たまたま時間が空いたからフラッと立ち寄ったわけではなくて、前々から「あの世界観、なんか楽しそうだなぁ」となっていたわけで、もう、その時点で自分の中での及第点はとれているんですよね。
 
実際、僕、この世界に勤めて長いですけども、「行くかどうか迷ったけど、やっぱり行って良かった」は聞いたことあるんですけども、「行くかどうか迷ったけど、やっぱり行くんじゃなかった」は聞いたことないんですよね。
 
もう、しばらく迷ってた時点で、判断は絶対に「GO」なんです。
繰り返しますが、琴線に触れている時点で、何か得られるものはあるので。
 
これは、かれこれ20年以上、毎週、何かのエンタメを観に行っているベテランの経験則です。
 
 

ライブに行きまくると、アタリハズレもわかるように・・・
 

ちなみに!
 
ライブに行きまくってると、「ライブを選ぶのが上手くなる」というのがあるんです。
逆に、ライブに行かないと、ライブ選びは上手くならない。
 
お金を使わない人は、お金の正しい使い方が分からない…みたいな感じです。
ライブ選びも、技術なんです。
 
もうね、出演者の組み合わせで、「あ〜、なるほど。このライブは、ファン感謝イベント的なやつね」というのが分かったり、「お〜、今回は攻めてきたなぁ〜」というのが分かる。
 
それよりも、上になると、ポスターから放たれるオーラで、そのライブの本気度が分かる。
 
これはもうね、「分かるようになってくる」としか言いようがない。
 
そうなってくると、「行くか、行かないか?」という迷いは無くなるんですよね。
あるのは、「行けるか、行けないか?」だけ。
 
このモードに入ると面白いですね。
 
「このライブは面白くないだろうけど、何が原因で面白くないのかを詳しく知りたいので、見にいこう」とかなるんですよ。
 
そうなってくると、「ダメな部分」もエンタメになる。
 
「あ〜、なるほど。ここがダメだから、全体的にダメなんだ。メモメモ」といった調子です。
 
これが、自分の血となり肉となり、ライブ作りに限らず、他のシーンでも転用できます。
 
まぁ、「そんなものまで面白がれるようにならなきゃいけない」ということはないですが、ライブに行きまくっていたら、アタリハズレが事前に分かるようになるのは本当です。
 
話を戻します。
 
行くかどうか迷ったら、行った方がいいです。
 
先に言っておきますがウチはありませんが、だけど、忘れちゃいけないのは、「ほとんどのバンドと、ほとんどのお笑いは解散する」ということです。
 
解散の理由は様々ですが、その一つに、「行くかどうか迷ったんだけど、やっぱり行けば良かった。また、やってください」という人が増えた時に解散する…というのがあるので、なんか、「ライブ」という待ち合わせ場所は、そういう不安定さがあることは知っておいた方がいいかも知れません。

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合 →画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合 →画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】 LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする