芸能事務所を独立して身に染みてわかったこと

2022年02月14日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/279029

芸能事務所を辞めて身にしみて分かったこと | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/279029

今日は、「芸能事務所を独立して身に染みてわかったこと」というテーマでお話ししたいと思います。

とっても大切な話です。

お知らせ!『毎週キングコングin日本武道館』チケット残り僅か!


2月28日に日本武道館で我々キングコングの単独トークライブ『毎週キングコングin日本武道館』がございます。

早いもので、もう2週間後ですね。

いつもYouTubeでやっている「毎週キングコング」を、ライブでやっちゃおうというもので、最初から最後までキングコングしか出てこない極めてシンプルなイベントです。

ローチケ他、各プレイガイドでチケット一般発売でございます。

https://l-tike.com/play/mevent/?mid=621218

キングコングが武道館でライブをするのは今回が最初で最後なので、この機会に、是非、ゲットしてみてください。

ちなみに、チケットは「残り僅か」です。

よろしくお願いします。

お知らせ!「キンコン西野と学ぶ!仮想通貨勉強会『DAOって何?』※儲け話はありません」参加者3200名突破!


そして、もう一点。

3月2日に開催する、オンライン勉強会「キンコン西野と学ぶ!仮想通貨勉強会『DAOって何?』※儲け話はありません」の参加者が「3200名」を突破しました。

こちらは、ZOOM画面を共有する形で、Facebookグループで生配信します。
(※アーカイブは4月末まで残ります)

ブロックチェーンに詳しいエンジニアが、技術に詳しくないスタッフ、そしてお客さんにわかりやすく説明するビットコインやブロックチェーンの初心者に優しい勉強会です。

「仕組み」を学ぶための勉強会ですので、儲かるとかそういう話は一切ありません。

プログラムは、

=====
・ビットコイン、ブロックチェーン、NFTについてまとめ
・DAOって何?
・DAOで何ができる?
=====

といった感じです。

興味がある方は、「キンコン西野 DAO」で検索してみてください。
チケットは800円です。

よろしくお願いします。

キンコン西野と学ぶ!仮想通貨勉強会「DAOって何?」※儲け話はありません

http://peatix.com/event/3155125



事務所独立をオススメするかどうかは、人による


そんなこんなで本題です。

今日は「事務所を独立して身にしみて分かったこと」というテーマでお話ししたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、僕は去年の1月に、20年近くお世話になった吉本興業から独立しました。

ちなみに、独立して『CHIMNEYTOWN』という会社を立ち上げたわけではなくて、事務所に所属していた頃から『CHIMNEYTOWN』という会社はあって、仕事の割合でいうと、8割ぐらいが『CHIMNEYTOWN』のお仕事でした。

「自分の会社で活動しつつ、吉本興業にも所属する」という実に都合の良い生き方をしていたわけですね。

裏を返すと、吉本興業がそれを許してくれていたわけで、懐の大きい会社だと思います。
そんな会社から独立したわけです。

独立した理由については当時さんざんご説明させていただいたので割愛するとして、今日は、「独立してみて、実際のところ、どうなんだ?」という話をしたいと思います。

「最近、芸能事務所を辞める人が多いけど、長年勤めた事務所を辞めた後って、どんな感じ?」という話です。

結論から言うと、「いいところも、悪いところもある」といったところなのですが、それも、人によってバラバラなんです。

たとえば、「事務所が自分を本気で売ってくれない」とか「事務所が仕事をとってきてくれない」という愚痴を時々聞いたりしますが、独立すると、そんなものは1ミリありません。

自分は芸能活動をされている全ての方々の「競合」になるわけですから、誰かが自分を売ってくれるわけがなくて、そんなのは全部自分でやらなきゃいけないんです。

僕は、独立後も「お仕事の依頼はコチラまで!」みたいな窓口を設けていないことから分かるとおり、そもそも「オファーを受けて働く」という働き方をしていなかったので、「誰かが自分を売ってくれない」という不満は1ミリもありませんが、「自分の仕事は自分で作る」が当たり前じゃない人(100%プレイヤー)からすると、独立後の苦労は、それなりにあると思います。

なので、「独立をオススメするか?」と訊かれると、「人による」としか言えません。

「少しでも多くマスメディアに露出したい」と思うのであれば、そのまま事務所に所属させてもらった方がいいのかなぁと思います。

権利の問題にキチンと向き合う必要


僕個人的には、絵本にしたって、映画にしたって、ミュージカルにしたって、歌舞伎にしたって、バレエにしたって…作らなきゃいけないものを死ぬほど抱えているので(アトリエにいる時間を1秒でも長く欲しいので)、「露出」とか「誰かが自分を売ってくれないウンヌンカンヌン」はそこそこどうでもよくて、そんなことよりも大きい問題として、『権利』があるなぁと思いました。

ここらへんの話って、あまり議論されないので馴染みがないと思いますが、「大人のたしなみ」として、そして「今の時代の生き方」として、頭に入れておいた方が良いなぁと思っていて…たとえば「コロナ」がやってきて、「オンラインイベント」「オンライン配信チケット」が当たり前になったじゃないですか?

これって、「客席数の上限が無くなった」ということですよね?

当時はイベントをしようと思ったら、客席数以上のお客さんは呼べなかったわけで、イベントの売り上げは「客席数✖️チケット代」だったんです。

なので、そのイベントの権利を持っていたところで、大きなリターンは無いんです。

「権利」って、上限がない世界で初めて、その力を発揮するんです。
だから、上限がある世界だと「権利」の重要度は低い。

ただ、エンタメ畑に生きる人間は、今回のコロナによって半ば強制的に「客席の上限がない世界」に放り込まれたわけですが、この時、「権利を持っているか、否か?」がメチャクチャ大きな問題になってくる。

たとえば、ミュージカル『えんとつ町のプペル』は、劇場チケットとは別で、オンライン配信チケットを販売していて、オンライン配信チケットだけでも今現在「1万2000枚」ぐらい売れています。

これ、そもそも権利を持っていなかったら、「オンライン配信をするかしないか?」の決定権も持てないし、配信をしたところで、「そのリターンの分配をどうするか?」の決定権を持てない。

イベントって、今、極めて「CD化」していて、「イベントの権利を持たない」というのは、つまるところ、「作詞作曲をしてCDは出すけど、印税はいりません。そのかわり20万円ください」と言っているようなもので、「『限定100枚のCD』だったら、それでいいかもしれないけど、下手すりゃ、100万枚売れるかもしれないCDなのに、その条件で大丈夫?」という話ですね。

コロナ禍で、「オンラインイベント」あるいは「オフラインとオンラインのハイブリッドイベント」が当たり前になったので、エンタメ畑にいる人間は、(煙たがられるかもしれませんが)権利の問題とはキチンと向き合った方が良いと思います。

リスクを背負うことについても考える


ただ、一つ。

「権利を持つ」というのは、「リスクを背負う」ということを忘れちゃいけません。

CDにしたって、売れなかったら1円も回収できない「レコーディング費用」を出してくれている大元が権利を持つわけで、リスクを背負わないと「権利」は手に入らないんですね。

この場合の「リスク」は何か?
答えはシンプルで、「製作費」です。

権利を主張するには「回収できないかもしれない製作費」を一旦背負う必要がある。

ちなみに、ミュージカル『えんとつ町のプペル』で、僕らが一旦背負った製作費は「1億6000万円」です。

これは、コロナで公演中止になったら、返ってこないお金です。

ミュージカル『えんとつ町のプペル』オンライン配信 (脚本・演出 西野亮廣による副音声付き) | えんとつ町プペル

https://meets.ltd/poupelle/ticket_1129

権利を持つことは、今の時代、ものすご〜く大切ですが、同時にそれは、大きなリスクを背負うことでもあるので、ここは考えものです。



====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする