【フリーランス必聴】 クライアント目線で自分を売り込もう

2022年01月07日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/260214

【フリーランス必聴】クライアント目線で自分を売り込もう | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/260214


今日は「【フリーランス必聴】 クライアント目線で自分を売り込もう」という話をしようと思います。
 
本題に入る前にお知らせをさせてください。
 
 

お知らせ!『プペル ~天明の護美人間~』絶賛公演中

 
1月20日まで、市川海老蔵さんファミリーが総出演する新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』があります。

プペル~天明の護美人間~|新橋演舞場|歌舞伎美人

https://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/play/737

https://l-tike.com/play/mevent/?mid=610331
 
いろんなところでニュースになっていたり、いろんな人が呟いたりしてくださっているので、すでに皆さんのお耳に入っているかもしれませんが、もう、すっごい評判で、僕自身、早く観にいきたくてたまりません。
 
どうやら、すごいらしいんです。
 
まだ僕自身、生で見れていないので、とにかく早く観に行きたいです。 
 
ちなみに、12日に観に来られる方は、劇場ロビーを隈なくチェックしてみてください。
 
20時からスタートする僕の「オンライン打ち上げ」のリンクが劇場のどこかに貼り出されておりますので、探してください。  
 
チケットは、ローチケ、ぴあ、イープラスでゲットしてください。
 
「S1席」「B席」「C席」はすでに全日程完売になっております。ご容赦ください。
 
よろしくお願いします。
 
 

お知らせ!『毎週キングコングin日本武道館』チケット発売中

 
そして、もう一点。
 
2月28日に日本武道館で我々キングコングの単独トークライブ『毎週キングコングin日本武道館』がございます。

いつもYouTubeでやっている「毎週キングコング」を、ライブでやっちゃおうというもので、最初から最後までキングコングしか出てこない極めてシンプルなイベントです。
 
武道館で、フリートークで、ただただ笑わせる…というストロングスタイルです(笑)
 
今は「オフィシャル先行」という形ですが、チケットはローチケで、「キングコング」と検索すれば出てくるようになっています。
 
https://l-tike.com/st1/220228-kbtk/sitetop
 
こちら、「SS席」と「A席」と「めっちゃ見やすい席」はすでに完売しております。
 
ちょっとややこしいですが、ローチケでは「S席」も完売していたのですが、昨日、吉本興業のチケット販売サイトで販売していた「S席」をローチケの方に持ってきましたので、今だとローチケでも少しだけ「S席」があります。
 
キングコングが武道館でライブをするのは今回が最初で最後なので、この機会に、是非、ゲットしてみてください。
 
よろしくお願いします。
 
 

自分の仕事の作り方、売り込む際の常套手段を知る

 
そんなこんなで本題です。
 
今日は「【フリーランス必聴】 クライアント目線で自分を売り込もう」という話をしようと思います。
 
これは、まぁ、実際にはフリーランスの方に限った話ではなくて、「自分や、自分の会社を売り込む際の常套手段」みたいな話です。
 
仕事の作り方って、いくつかあって、当然、人の数だけ正解があって…たとえば、僕なんかはオファー仕事ってあんまりやらないんですね。
 
「そもそも、キングコング西野に仕事のオファーを出す場合、どこに出せばいいの?」って話じゃないですか?
 
事務所に所属していたら事務所だし、フリーランスで活動している人は、大体、SNSのプロフィールのところに「お仕事の依頼はコチラまで」みたいなのを出してたりしますが、キンコン西野は、そういうのもない。
 
たぶん、CHIMNEYTOWNのホームページに行くと、下の方に申し訳なさそうに「お問合せフォーム」みたいなのがあって、たぶん講演会のオファーとかは、そこからきているのかなぁと思うのですが、それも前面には打ち出していないんですね。
 
やっぱり、常にデタラメなことをしたくて…それこそミュージカルとか歌舞伎の制作って、ウン億円がかかるんですね。
 
その規模の仕事って「オファー」とかじゃなくて、自分たちで企画して、資金繰りをして、やっていかなきゃいけないんですね。
 
あと、込み入った話をすると、お金を出されてしまうと、「お金を出しているから」を理由に、クリエイティブパートに口を挟まれたりするんですね。
 
もちろん「クリエイティブパートには一切口を挟まない」という人もいますが、基本的には、「あそこを、もっとこうしてください」「あれは、やめてください」みたいなのがある。
 
僕は、それが少し苦手で、人生そんなに長くないんだから、やりたいことをやりたいんです。
 
その上で世間の皆様にご判断いただいて、「いらない」と言われたら、それまでです。
 
 

ポートフォリオだけでは想像に限界がある

 
なので、ここで「オファーを取りに行く」という話を自分事として話すのは嘘になるのですが、一方で、オファーを出させていただく機会は本当に多いんです。
 
今回のプペル歌舞伎だったら、ウチは自社に美術さんと照明さんを抱えていないものですから外注です。
 
「この人!」という人に、ピンポイントで「お願いします」と頭を下げました。
 
そんな調子でワガママに活動していたら、ありがたいことに「一緒に仕事したい」と声をかけてくださるクリエイターさん(フリーランスの方)がいらっしゃるのですが、決まって、「参考までに僕のポートフォリオを見てださい」と言われるんです。
 
「ポートフォリオ」というのは、これまでのお仕事っぷりをまとめた資料です。
 
「私、こんなことできまんねん」というやつですね。
 
たしかに、ポートフォリオを用意しておくいうのは超大事なんですけども、偉そうな話で恐縮ですが、お仕事をお願いする側からすると、ポートフォリオを見るだけでは、「自分が持っているコンテンツと、その人の技術が、どんな化学反応を起こすか?」までは厳密には想像できないんですね。
 
「この人に頼んだら、たぶん、こんな感じになるんじゃないかなぁ?」までが限界で、その先はない。
 
 

クライアントの立場に立ち、先にコストを支払う

 
ここでクライアント側の立場になって考えて欲しいのですが、「一緒に仕事をしたい」と声をかけてくださる動画編集マンに対して、「ご一緒できるかどうか分からないので恐縮ですが、あなたがどこまでやれるかを知りたいので、一旦、『プペル歌舞伎』の30秒CMを作ってみてもらえますか?」と言えると思います?
 
言って、30秒CMを作ってもらったが最後、「30秒CMを作らせてしまった」という責任を取らなくちゃいけない。
 
それが、本当に素晴らしい映像だったら、「じゃあ、次はキチンと仕事としてお願いします」と言えるのですが、「なんだよ、そのクオリティー」となる場合もあるわけで(というか、そっちが大半なわけで)…その時に、作らせてしまった責任を取るのって、めちゃくちゃ面倒なんですね。
 
「いやいや、ダメだったらダメで、責任なんて取らなくてもいいです」と言われよううが、クライアントの気持ち的には「申し訳ない」が絶対にある。
 
そんな思いをしたくないので、「ご一緒できるかどうか分からないので恐縮ですが、あなたがどこまでやれるかを知りたいので、一旦、『プペル歌舞伎』の30秒CMを作ってみてもらえますか?」は言えないんです。
 
「じゃあ、フリーランスの動画編集マンが仕事を取るにはどうすればいいか?」という話なのですが、答えは至ってシンプルで、「ご一緒できるかどうか分からないけど、頼まれてもいないのに『プペル歌舞伎』の30秒CMを作ってみる」です。
 
そうすると、「勝手にやった事」なのでクライアント側に責任が発生しないし、「ポートフォリオを見てください」とは違って、「クライアントのコンテンツと私の技術の化学反応」を見せているので、クライアントも判断しやすいし、そして何より、「今、プペル歌舞伎の30秒CMがあったら助かるでしょ?」というセンスの良さ(他者目線に立てている、ということ)も売れる。
 
 
特に最後のは、めちゃくちゃ大事なラインで…たとえば、とある劇団が「今度、地方の寂れた商店街を舞台にした作品を作る」みたいなことを呟いていたとする。
 
じゃあ、数ヶ月後に、この劇団が作品のポスターを作ることは決まっているわけじゃないですか?
 
僕が、その劇団と一緒に仕事をしたいデザイナーだったら、間違いなく「シャレで、ポスターを作ってみました〜」と言って、ガッチガチに作り込んだポスターデータを送ります。
 
採用されないかもしれないけれど、見てはもらえるので。
 
そうやって「最初はこちら側からコストを支払う」というのが大事なのだと思います。
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする