舞台作品の『オンライン配信』を本気で作る

2021年11月15日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/235890

健康的な舞台運営の為に、見直すところは、キチンと見直す。 | 西野亮廣(キングコング)「#西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/235890

今日は、「舞台作品の『オンライン配信』を本気で作る」というテーマでお話ししたいと思います。

舞台のクリエイティブの話と、クリエイティブを続けていく為の打ち手に関するお話です。

本題に入る前にお知らせをさせてください。

お知らせ!『プペル ~天明の護美人間~』の記者会見配信

 
来年1月3日〜20日に、市川海老蔵さんファミリーが総出演する新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』をやっちゃいます。

プペル~天明の護美人間~|新橋演舞場|歌舞伎美人

https://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/play/737

チケット発売は11月25日からなのですが、その前に、「記者会見」の模様と、「海老蔵✖️西野」の対談の模様を、オンライン配信でお届けします。

こちらのオンライン配信チケットは、『Peatix』の方で販売が始まりました。

「歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』制作発表記者会見」とかで検索していただけると出てくると思います。

西野と海老蔵さんがツーショットで並ぶことも、なかなか無いと思うので、この機会に是非、チェックしてみてください。

CHIMNEY TOWNチケット(公式)

よろしくお願いします。

お知らせ!『映画 えんとつ町のプペル』DVD&Blu-ray発売中

そして、もう一つ。
映画 えんとつ町のプペル』のDVD&Blu-rayが出ました。

昨日、ミュージカルにこられたお客様から、「西野さん、サイン入りDVDの発売も検討してください」と言われたので、先々、どこかのタイミングで「キンコン西野のサイン本屋さん」にそれも並べようかなぁと思っています。

興味がある方は要チェックです。
https://www.amazon.co.jp/s?hidden-keywords=B09GNX2HZD%7CB09GNWR6JR%7CB09GNYHR4Y%7CB09GNXQQ6
 

そんなこんなで本題でございます。

「採算度外視」な舞台を可能にする『オンライン配信』


今日は、「舞台作品の『オンライン配信』を本気で作る」というテーマでお話ししたいと思います。

昨日、ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の幕が上がりました。

ミュージカル界を牽引するキャストとスタッフがズラリと並んで、わずか200〜300人のお客さん、いや、一人のお客さんに向けて本気でぶつかった作品なので、その熱量が半端なくて、初日から、すごい(本当にすっごい!)盛り上がりでした。

終演後は、お客さんは勿論のこと、制作陣も興奮冷めやらぬ感じでした。

僕個人的な昨日のハイライトとしては、ラストシーンで、全員で歌うシーンがあるのですが、そこでコーラスを担当する一人のキャストさんが感極まっちゃって、口が動かなくなっちゃったんですね。

終演後に「歌うと絶対に泣いちゃうから、歌えませんでした。ごめんなさい」と言われたのですが、そんなの全然良くて、むしろ本当に最高で、それこそが「ライブ」の魅力だと思うんです。

目的は、「整ったものを作るコト」ではなくて、「お客さんを感動させるコト」なので、僕は、セリフがつまろうが、声が裏返ろうが、感極まって歌えなくなろうが、それによって、お客さんが感動したら、それは正解だと思っています。

「百戦錬磨のキャストさんが、感極まって崩れてしまう」という本当に素敵な瞬間に立ち会えたなぁと思いました。

そんなファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』ですが、開演前は撮影OKなので、もしかすると、すでに皆様のタイムラインにもステージの写真がチラホラ流れているかもしれませんが、見るからに「採算度外視」なんですね。

一回のキャパが200〜300人なので、「採算度外視、甚だしい」と言った方がいいかもしれません(笑)

ただ、こちらに関して、運営サイドが「無策」かというと、そんなことはなくて、ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』はオンライン配信があるんです。

字幕対応もしているので、国内外のお客様に楽しんでいただけるようにしています。

で、そのオンライン配信の内容なのですが、「どこかの一公演を撮影したものを、オンラインで流す」のではなく、実は、オンライン配信用に、お客さんを入れずに、公演するんです。

客席にカメラのレールや、クレーンカメラなどを置いて、合計7台のカメラで、撮影します。

その撮影日が「今日」なんです。

ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の初日の翌日が、いきなり「休演日」になっている理由がそれで、今日は、バッキバキに撮影する日なんです。

『オンライン配信』で「客席数」の上限を取っ払う


でも、これって本当に大事だと思っていて、舞台って、「チケット代✖️客席数」で作られるので、予算の上限があるんですね。

それで、事足りていれば、何も問題ないのですが、実際は、「舞台セットを作りこむお金がないから、プロジェクションマッピングでのりきる」とか、「キャストに稽古代が支払われない」とかが当たり前になっていて、予算問題を後回しにしているツケは確実にあるんです。

誰かが、泣いているんです。

僕は、舞台役者をやっている友達も少なくなくて、彼らが背負っている痛みをよくよく知っているので、「好きなことをする」と「生活に困窮する」がトレードオフになってしまうのだけは絶対に嫌なんです。

彼らには守らなきゃいけない家族もいるので。

なので、キチンと予算の問題とも向き合いたくて、今回は「オンライン配信」をガッツリ作って、「チケット代✖️客席数」の「客席数」の部分の上限を取っ払うコトにしました。

単純な話、公演が終わっても、僕が「オンライン配信チケット」を手売りし続ければ、舞台セットをゴッリゴリに作り込んで、キャストさんの稽古代を毎日支払ったミュージカルが、どこかのタイミングでペイできるので。

なので、短期的に見ると「採算度外視作品」ですが、「オンライン配信チケット」という可能性さえ残しておけば、「採算度外視」でも何でもない。

公演期間中しか、チケットを売っていなかったコトに、幾ばくかの問題があって、そこにメスを入れてみました。

もちろん、各事務所さんとの「権利の問題」も全てクリアした上で。

そんなこんなで、今回の撮影クルーには、実は稽古場の段階から立ち会っていただいていて、「どのシーンを、どの角度から撮れば、一番、面白くなるか?」をミリ単位で割り出してもらって、すでに撮影のリハーサルも済ませております。

仮撮影した素材が、すでに僕の手元にあるのですが、もう、メチャクチャとんでもねークオリティーになっております。

ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』のオンライン配信チケットをお求めの方は『えんとつ町のプペル』『オンライン』で検索していただけると『ミュージカル えんとつ町のプペル/オンライン劇場 ZA』というページが出てきますので、そちらをチェックしてください。

ミュージカル えんとつ町のプペル | オンライン劇場 ZA

https://za.theater/events/54b16102-d98f-4dc1-9013-5079c515bea5

今回は舞台の予算の問題もさることながら、他方、今回のアクションによって、家から出られない子や、病室から出られない子に、今回の舞台を届けられるといいなぁと思います。

作品の中でも、外でも、とことんハッピーエンドを作ります。

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/38025946

【Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』(2021年) | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/38025946

シェアする