海を越えない『共感』と、海を越えるかもしれない『創造』

2021年11月14日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/234606

たったの一言で全ての面倒が報われる。 | 西野亮廣(キングコング)「#西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/234606

今日は、「海を越えない『共感』と、海を越えるかもしれない『創造』」という話をしたいと思います。
 
本題に入る前にお知らせです。
 
 

お知らせ!ミュージカル『えんとつ町のプペル』いよいよ上演
 

ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』が11月14日からいよいよ始まります。
 
一般席はすでに SOLD OUTとなっておりまして、現在、ご購入いただけるのは「VIP席」と「オンライン配信チケット」となっております。
 
VIP席をお求めの方は『CHIMNEY TOWN BASE』で検索していただけると、11月21日の分のチケットが出ているので、そちらをゲットしていただだくか、あるいは、西野のツイッターに「○月○日の○時からのVIP席を出してください」とご連絡いただければ、手配いたしますので、お申し付けください。


劇場まで観に行けない方に向けて「オンライン配信チケット」もご用意させていただいております。
 
こちらは、定点カメラで乱暴に撮影したものではなく、キチンとカメラのカット割をしたものをキチンと編集した映像に加えて、オンライン配信特典として、僕と主演の吉原光夫さん、あるいは、僕とオリラジ藤森君による終演後のアフタートークがついてきます。
 
アフタートークは、生配信です。
 
オンライン配信チケットをお求めの方は『えんとつ町のプペル』『オンライン』で検索していただけると『ミュージカル えんとつ町のプペル/オンライン劇場 ZA』というページが出てきますので、そちらでゲットしてみてください。

ミュージカル えんとつ町のプペル | オンライン劇場 ZA

https://za.theater/events/54b16102-d98f-4dc1-9013-5079c515bea5

 
よろしくお願いします。
 
 

お知らせ!『プペル ~天明の護美人間~』先行抽選14日まで!
 

そして、もう一点。
 
市川海老蔵さんファミリーが総出演する新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』のチケットの先行抽選がローソンチケットさんの方でスタートしました。
 
「プレリクエスト抽選先行」というやつらしいです。
 
先行抽選の予約は11月14日の23:59分までです。
 
https://l-tike.com/play/mevent/?mid=610331
 
 
詳しい情報は追ってお伝えしますが、僕からは「確実に面白いものを作りますので、来年1月日3〜20日のスケジュールのどこか1日は空けておいてね」といったところです。
 
よろしくお願いします。

プペル~天明の護美人間~|新橋演舞場|歌舞伎美人

https://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/play/737

 
あと、『映画 えんとつ町のプペル』のDVD&Blu-rayも出たので、宜しくお願いします。

https://www.amazon.co.jp/s?hidden-keywords=B09GNX2HZD%7CB09GNWR6JR%7CB09GNYHR4Y%7CB09GNXQQ6
 
 

ミュージカル『えんとつ町のプペル』がメチャクチャ仕上がってます!
 

そんなこんなで本題です。
 
今日は、「ためになる話」でも何でもなくて、「ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の稽古が、いよいよ、いよいよ佳境です。そして、とんでもないメチャクチャ仕上がっています」という話をしたいと思います。
 
これまでキャストさんを含む稽古は、ずっと稽古場でやっていて、僕たちスタッフだけが先に劇場入りして、照明や音響のテストを繰り返していたのですが……昨日は、ついに、キャストさんが劇場入りして、劇場での稽古が始まりました。
 
衣装を着て、照明を当てて、スモークをたいて、音楽を鳴らすわけですが、もうね…本当にすんごいコトになっています。
 
もし、今、「観ようかなぁ。どうしようかなぁ」と悩んでいる人がいたら、ただちに観ること選んでください。観なかったら、確実に後悔するので。
 
僕、自分の信用というものを何よりも大事にしているので、美味しくないものを「美味しい」、良くないものを「良い」、面白くないものを「面白い」と言って、売り出すようなことは絶対にしません。
 
そんな売り方をしたところで、そして売れたところで、むしろ、売れれば売れるほど、自分にとってマイナスになることを、僕は重々承知しているので。
 
でも、まだ公演が始まっていない今の段階で、皆さんが「ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の面白さ」を測れる材料があまりにも少ないと思うんですね。
 
初演だし、評判も一つもない。

僕に言わせると、「西野がエンタメのクオリティーで皆さんを一度でも裏切ったことがありますか?」というところなのですが、とはいえ、「ある程度のクオリティーを事前に知っておきたい」と考えるのが普通だと思うんですね。
 
なので、この放送が終わったら、すぐに僕のインスタに飛んでください。
 
ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の舞台セットをスマホで雑に撮った写真をアップしております。
 
稽古の合間に撮ったもので、まだ照明をガッツリ入れていないので、「ここから、もっと上るよ」としか言えないし、何より、「良いセットだから、良い作品」とは限らないのですが、まぁ、作品のクオリティーを測る材料の一つにはなると思います。
 
どの程度の本気度で臨んでいるかは伝わるかなぁと。
 
 

海を越えるために『創造』に全振り
 

ここで、この作品にかける僕の想いを少しだけ話させてください。
 
いろんなところでチョコチョコ言っていますが、SNSで「いいね」や「フォロワー数」を獲得する競争が始まったり、動画メディアや音声メディアの「再生回数」や「チャンネル登録者数」を獲得する競争が始まったことによって、表現活動の中における「共感」の重要性が非常に高まったんですね。
 
雑に言っちゃうと、「共感を集めた者がち」みたいな世界になったわけですが、「共感」って海を越えないんです。
 
僕は、ありがたいことに、海外でも少しだけ活動させてもらっているのですが、そこで常に問われるのは「お前は何者なんだ?」ということ。
 
「お前の作品は何で、お前はどんなメッセージを世の中に発信したいんだ?」ということ。
 
そこで、「木下優樹菜さんに物申す動画がバズって、100万再生いきました」と言ったところで、「はい?」となっちゃうわけです。
 
「共感を集めた者勝ち」というのは、あくまで国内の話であって、海の外で求められるのは『共感』じゃなくて、『創造』なんです。
 
厳密に言うと、『創造による共感』です。
 
「アンジャッシュ渡部、許せない。奥さんが可愛そう」「わかる!私も同感!」という類の共感ではなく。
 
 
絶対的に作らなきゃいけないんです。
 
これに関しては、先日、オンラインサロンの方で、かなり具体的な決意表明をしたのですが、やっぱり僕はエンタメの世界戦をやり続けたいし、となってくると「共感を集めた者勝ち」の国内戦であろうが、『創造』に全振りしたいんです。
 
 
「コチラが、僕らが作った作品です」と言いたいんです。
 
その一言を言うために、最近は、もうバッタバタです。
 
劇場で、音響や照明のチェックを続けて、キャストさんが入ってからは稽古をガッツリやってます。
 
劇場での作業は、連日、朝の9時半から、夜22時まで。
 
他の仕事は、帰宅してから、翌朝までの時間でやっています。
 
おそらく多くの人が「舞台セットのこだわり」には興味がないと思うので、『共感』のモノサシで測られてしまうと点数はメチャクチャ低く、作品作りに全振りしていると、色々とワリに合わない部分も出てくるのですが、それこそ、一昨日はカタールのドーハで『映画 えんとつ町のプペル』の上映があって、映画を観てくれたカタールの子供達から質問攻めに合いました。
 
9歳の子が、「これまでの人生で観てきた映画の中で、一番感動した」と言ってくれて、「お前、まだ、そんなに映画を観てないだろ(笑)」と思いつつ、でも、やっぱり、その一言で全てが報われるんです。
 
 
ああ、『創造』に全振りして良かったなぁと思う。
 
作る作業は面倒なことだらけですが、終演後の拍手だったり、「面白かったよ」の一言だったり、きっと、その調子でファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』も全てが報われるのだと思います。
 
いよいよ始まります。
 
劇場で、そしてオンライン配信で、お待ちしております。
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合 →画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合 →画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】 LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!
 

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/38025946

【Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』(2021年) | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/38025946

シェアする