映画館の上映スケジュールがなかなか出ない理由

2021年10月18日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/223615

映画館の上映スケジュールが、なかなか出ない理由 | 西野亮廣(キングコング)「#西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/223615

今日は「映画館の上映スケジュールがなかなか出ない理由」というテーマでお話ししたいと思います。

本題に入る前にお知らせをさせてください。



お知らせ!迫る!『映画 えんとつ町のプペル』限定上映


いよいよ、迫ってまいりました。

映画 えんとつ町のプペル』の再上映のお知らせです。

10月22日〜10月31日に『映画 えんとつ町のプペル』が劇場に帰ってきます。

ハロウィン限定復活上映でございます。


HELLO MOVIE」というアプリをダウンロードしていただけると、劇場で、キングコングの副音声なんかも聴けちゃいます。

映画の映像を見ながら、キングコングが二人で1時間40分喋り倒しています。

多分、映画の内容は入ってこないと思いますので、くれぐれも、もう何度も観た方にオススメします。

映画であり、ハロウィンイベントなので、泣いても笑っても上映は10月31日にキッパリと終了します。

そして「映画館に行けないよ〜」という方に向けて、『映画 えんとつ町のプペル』のDVD&Blu-rayの発売が決定しました。

https://www.amazon.co.jp/s?hidden-keywords=B09GNX2HZD%7CB09GNWR6JR%7CB09GNYHR4Y%7CB09GNXQQ62

Loppi &HMVさん、Amazonさん、楽天ブックスさん等で予約がスタートしていますが、それぞれ特典が違いますので、詳しくは『映画 えんとつ町のプペル』の公式ホームページでご確認ください。

舞台挨拶のスケジュールも、公式ホームページでご確認ください。

DVD&ブルーレイ 11月3日(水)発売決定! | プペル新聞 | 『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト

https://poupelle.com/news/?p=1035

よろしくお願いします。


お知らせ!ミュージカル『えんとつ町のプペル』オンライン配信チケット販売中!


そして、もう一点。

11月14日から、ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』が始まります。

チケットの一般席はすでに完売していて、今買えるのはVIP席と、オンライン配信チケットのみとなっております。

このオンライン配信ですが、「固定カメラで撮ったものを垂れ流し」というのは、さすがに味気ないので、キチンと事前収録をして、でもって、「収録したものを垂れ流し」というのも味気ないので、本編終了後に、僕とオリラジ藤森君が、「アフタートーク」と称して、劇場から生配信します。

収録と生のハイブリットな配信になります。

今、ゴッリゴリに稽古中なのですが、芝居から歌からダンスから、舞台セットや照明まで、とにかく大変なことになりそうです。

是非、ご自宅で、ご家族でご覧ください。

チケットをお求めの方は、「えんとつ町のプペル オンライン」で検索してみてください。

ミュージカル えんとつ町のプペル / オンライン劇場ZA』というサイトが出てくると思うのですが、そこでご購入いただけます。

ミュージカル えんとつ町のプペル | オンライン劇場 ZA

https://za.theater/events/54b16102-d98f-4dc1-9013-5079c515bea5

よろしくお願いします。


「映画の上映スケジュールの発表がギリギリになる理由」

『映画 えんとつ町のプペル』が10月22日〜31日に期間限定で再上映されるわけですが、昨日の放送でお伝えしたとおり、今回の再上映にあって『舞台挨拶』があるんですね。

『舞台挨拶』のスケジュールは以下のとおりです。



●10/22(金)

・TOHOシネマズ 梅田     11:30~

・TOHOシネマズ なんば     12:40~

・ユナイテッド・シネマキャナルシティ13     17:20~

◆チケット販売:10/18(月)0時から劇場HPにて発売開始

●10/23(土)

・TOHOシネマズ 仙台   10:00~

・札幌シネマフロンティア     14:55~

◆チケット販売:10/18(月)0時から劇場HPにて発売開始

●10/29(金)

・広島バルト11     11:35~

・TOHOシネマズ 二条     14:50~

・ミッドランドスクエア シネマ     17:00~

◆チケット販売:10/25(月)0時から劇場HPにて発売開始

●10/31(日)

・T・ジョイPRINCE品川     9:50~

・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ     11:10~

・渋谷HUMAXシネマ     12:30~

・TOHOシネマズ 新宿     14:00~

・TOHOシネマズ 池袋     15:30~

◆チケット販売:10/25(月)0時から劇場HPにて発売開始

●10/31(日)

・TOHOシネマズ 日比谷  ①17:10~ ②19:50~

*「10万分の1秒の音響映画祭」での上映となります。

◆チケット販売:チケットぴあにて先行発売予定

……チケットの発売は今日からなのですが、舞台挨拶の後半戦(29日と31日)のチケットの発売は、10月25日なんです。

「いやいや、もう、開催することが決定しているんだったら、とっととチケットを売ってよ。なんで、チケット販売のタイミングをズラすのよ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんし、「それより何より、初日の22日って、平日じゃね? 平日の朝から舞台挨拶をするの? そんなの急に言われても、困るよ。平日の朝からやるなら、前もって、案内を出しておいてよー」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

今日は、そのことについて、御説明したいと思います。

「コロナ禍における映画館のチケット販売が一体どういうことになっているのか?」という話です。

まず、これは映画のチケット販売に限った話じゃないのですが、基本的に、すべてのサービスにおいて、お客さんが不満を覚える理由というのは「納得感が不足しているから」だと思います。

値段に対して“商品の品質”に納得がいかなかった場合に怒りの感情が出てくることもあれば、「説明不足」が引き起こしている場合もある。

身近なところでいうと「遅刻」なんてそうで、連絡も無く遅刻されるのと、「すみません。台風で新幹線が止まってしまって…」という連絡あって遅刻されるのとでは、受ける印象がまるで違って、後者に関しては「仕方ないよね」となる。

つまり、この場合だと、「遅刻したこと」に罪が問われたわけじゃなくて、「説明しなかったこと」に罪が問われたわけですよね。

なので、今、「こちとらスケジュールを組まなきゃいけないんだから、チケットの情報をもっと早く出してよ」と思っている映画ファンはたくさんいると思うのですが、その方々にやらなきゃいけないのは、「チケットの情報を早く出すこと」ではなくて、「チケットの情報を早く出せない理由を丁寧に説明すること」で、「それなら仕方ないね」と納得してもらうことだと思います。

これは全てのサービスにおいて、同じことがいえますね。

で、「映画館の上映スケジュールを前もって出せずに、チケットの販売もギリギリになってしまう理由」なんですけども……そもそも、映画館も食っていかなきゃいけないんですね。

となると、当たり前ですけども、たくさんお客さんが来てくれそうな作品に、たくさんのスクリーンを割いた方がいい。

ライブハウスや演芸小屋と違うのは、ライブハウスや演芸小屋というのは、その日の小屋のスケジュールをガッツリとおさえて、レンタル料を支払うんです。

そこで、基本的な、お金のやりとりは終わりです。

つまり、今度、僕は日本武道館でイベントをやりますが、武道館のレンタル料を最初に支払っているので、お客さんが一人も来なかったとしても、武道館側には金銭的なダメージは無いわけです。

ただ、映画は違うんです。

もちろん例外もありますが、基本的には、映画館に入るお金というのは、「チケットの売り上げの○○%」という感じです。

なので、お客さんが一人も入らなかった場合、映画を上映しても、映画館には一円も入らないんです。

こんな感じで、映画館って、リスクを負担してくれているんです。

だから、すべての作品に満遍なくスクリーンを用意してしまうと、食っていけなくなるんです。

映画は8割近くの作品がコケるビジネスなので。


「舞台挨拶」のスケジュールも同じ事情で・・・


なので、映画館は「当たりそうな作品」に、なるべく多くのスクリーン、なるべく多くの座席を用意するわけですが、それって、なかなか読めないんです。

「ジャニーズの○○というグループがライブをすると、これだけのお客さんが来る」というのは、おおよそ読めるのですが、「ジャニーズさんの超人気メンバーが主演の映画に必ず人が集まるか?」というと、そんなことはなくて、スーパースターが出演していても大ゴケすることなんてザラにあるのが「映画」です。

なので、もともと「公開直前になるまで動員が読めない」と。その上に、コロナです。

幸い今はコロナが落ち着きを見せているのですが、メディアがコロナをどう報じるかで、その週の映画館の入りが大きく変わる。

なので、映画館を運営している人達は、本当にギリギリまで、「どの映画に、どのスクリーンを割り当てるか?」という会議をしているんです。

舞台挨拶にしても、前もってお伝えできなかったのは、「まず映画館の上映スケジュールが決まっていない」というのと、前もってお伝えしてしまって、直前になってコロナがワーと盛り上がってしまおうものなら、「舞台挨拶はどうなるんですか?」という連絡が、すべて映画館にいってしまうんです。

そうすると、映画館は、ただでさえ、コロナで大変なのに、さらに仕事が増えて、大変になる。

…といった、もろもろの事情があって、映画の上映スケジュールや、舞台挨拶のスケジュールが直前のご案内となってしまいました。

「映画館が『お客さんファースト』のサービスを心掛けていない……というわけでは無い」ということを、お伝えしておきます。

今回で、たくさんの映画館関係者とお話しさせていただきましたが、皆さん、様々な制限の中で、忸怩たる思いに駆られながら、それでもどうにかこうにか映画を届ける方法をずっと探っておられます。

どうか、御理解と、応援をいただけると嬉しいです。

そんなこんなで、22日は、平日の朝から大阪で舞台挨拶が入っているのですが、ここに、どうやってお客さんを呼ぶか?はこれから考えます(笑)


====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================

★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!

【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!


▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/38025946

【Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』(2021年) | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/38025946

シェアする