【西野亮廣】業界の常識を覆す~『映画 えんとつ町のプペル』再上映の舞台裏~

2021年09月10日

※この記事は、2021年9月10日に掲載された「GOETHE」(幻冬舎)の記事より一部転載しています。

第7回『映画 えんとつ町のプペル』再上映の話

 
オンラインサロンでは、日々の“気づき”をサロンメンバーさんに共有させていただくことが多いのですが、中には「次のプロジェクトは、こんな感じだよ〜」「そこには、こんな意図があるよ〜」といういった現在進行形のプロジェクトについて書かせていただくこともあります。
今日は、そんな回です。
 
 

Twitterの日本のトレンド1位

 
すでにニュースでお聞きの方もいらっしゃるかもしれませんが、『映画 えんとつ町のプペル』が今年のハロウィンに期間限定(10月22日〜31日)で再上映されます。
 

 
情報公開と同時にTwitterのトレンドでは『えんとつ町のプペル』が日本1位になり、大きな話題となりました。
本当にありがとうございます。

正直に白状しますが、今回の目的は『映画 えんとつ町のプペル』を「映画」で終わらせず、「ハロウィンの恒例イベント」にすることです。
そこに向かう為に、僕たちは何を大切にしなければならないのか?
その点について、詳しくご説明したいと思います。

(続きはこちらから【連載「革命のファンファーレ~現代の労働と報酬」】

【西野亮廣】業界の常識を覆す~『映画 えんとつ町のプペル』再上映の舞台裏~

https://goetheweb.jp/person/article/20210910-nishino_akihiro_07

シェアする