キンコン西野が今でも時間を割いてやっていること

2022年07月06日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/351227

キンコン西野が今でも時間を割いてやっていること。 | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/351227

 
 

キンコン西野は今でも『会食』に時間を割いている

 
今日は『キンコン西野が今でも時間を割いてやっていること』というテーマでお話ししたいと思います。
 
もう面倒臭いので先に結論から言うと、今でも時間を割いてやっていることは、『会食』です。
 
『飲み会』ですね。
 
とにかく僕、『会食』にしっかりとコスト(時間)を支払っています。
 
ちなみに僕、人前に出ていないので、よく行くお蕎麦屋さんからは「暇人」認定されているのですが、こう見えて、少しだけ忙しい男なんです。
 
まぁ、もしかすると仕事の要領が悪いだけなのかもしれませんが、1年365日で「休みの日」というのは基本的にはありません。
 
何かしら「やらなきゃいけないこと」が毎日朝から晩まで入っています。
 
なので、「会食」なんかを入れてしまうと、当然、その分、スケジュールが圧迫されて、まぁまぁ大変なんです。
 
しかし、まぁ、それは「会食」に参加されるお相手の方も同じで、やはり、お忙しい中(何かを犠牲にして)参加されている。
 
お互い、そこそこダメージを受けながら、「会食」をしてるんです。
 
 

エンタメは口コミの世界なので、『会食』から始まることがある

 
何故、そんなことをやるかというと、(時代的には、そういう風潮じゃないことは百も承知ですが)、泣いても笑っても、「会食」から始まることって、あるんですね。
 
僕が知っている限り、ある一定の基準をクリアした人達は、時間の重要性もよくよく分かっていますから、何かを持って帰ろうとするし、何かを持って帰ってもらおうと考えるんです。
 
タダでは帰らないし、タダでは帰さない。
 
で、最近、とくに感じるのが、皆、ホームページを作るのが上手くなったし、SNSの発信もお上手だし、インスタグラムも整っている。
 
つまり、「着飾る技術」を全員が身につけてしまっている。
 
たとえば、この状況で「美容クリニック」とか選べなくないっすか?
 
どれだけ検索しても「結局、どこが良いの?」となるのがオチです。
 
これ、経営者からすると「仕事をお願いする相手」もまったくそれで、「結局、誰に頼むのがイイの?」というところに陥っている。
 
なので、エンタメ業界なんて、完全に関係者の「クチコミ」の世界です。
 
僕が、映画や舞台で、ずっとご一緒させていただいている美術の「佐藤さん」なんて、まともに発信してないハズです。
 
佐藤さんも人伝いに知り合ったし、舞台の照明演出をしてくださっている「イジツさん」も、たしか佐藤さんが紹介してくださいました。
 
このご時世に「数珠繋ぎ」「芋づる式的」なんです。
 
飲みの席の受け答えとかって、意外と嘘つけなくて、「こいつ、ビジネス用語を並べてるだけの、中身の無いヤツだな」とか筒抜けなんです。
 
逆に、打ったら響く人もいる。
 
そういう人は、どんな球を投げても、面白い受けとり方をしてくださる。「ああ、この人は信用できるなぁ」となるんですね。
 
なので、その場で何かが決まらなくても、どこかのタイミングで、「そういえば、この件は、あの人に相談してみよう」となる。
 
 

飲まなくてもいいから、「飲み会に行け」

 
「いやいや、『飲み会』とかしょっちゅうやってるけど、何も始まったことないよ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、それは、そういう人が集まる飲み会をしているからだと思います。
 
ここで言っているのは、そういう飲み会じゃないです。
 
ただ、何かが始まるような飲み会…つまり、決定権を持っている人達が集まるような飲み会に参加するには、もちろん自分も「それなりの人間」じゃないとダメなんですね。
 
だって、相手の時給は高いわけだから。
 
その人の2時間〜3時間をいただくのは、やっぱり大変なことです。
 
「じゃあ、まだ何者でもない人は、そこに参加できないのか?」というと、それもまた違って、「まだ何者でもない人」が支払えるものって、「言われたことをやる」なんですね。
 
よく、飲みの席で見かける「上手いこと立ち回っている、まだ何者でもない人」がやっているのが、たとえば、ある経営者が「こういうことすると、面白いと思うんだよなぁ」と呟いた時に、「僕、ソレ、やっていいですか?」とすかさずカットインしてくるんです。
 
「アイデアとお金は持っているけど、時間がないからできない」みたいな経営者っていて、そこに上手く入りこむんですね。
 
今なんて、「飲み会とか古い」という風潮じゃないですか?
 
もちろん、そういう方もたくさんいらっしゃる。
 
ただ、「飲み会で決める層」って確実にいるんです。
 
地方なんて、特にそうだし、僕が知っているニューヨーク・ブロードウェイのコミュニティーもそう。「ランチ」と「会食」は外せないです。
 
また10月にもありますが、ミュージカル『えんとつ町のプペル』のリーディング公演の演出のウィルも、「会食」の席で出会って、そこでたくさん話して盛り上がって、演出をすることが決まって、そして、ウィルの知り合いのブロードウェイの皆さんが協力してくれることになった。
 
この運動は、SNSで始まってないんです。
 
僕、仕事柄、大学生とかとご一緒させていただく機会が少なくなくて、「何をしたらいいですか?」と相談された時に、必ず言うのが、「Facebookをしろ」と「飲み会に参加しろ」です。
 
つまり「オジサンの巣窟に飛び込め」です。
 
あの人達は、決定権を持っているので。
 
踏み込んだ話をすると「価値」って、「希少価値」じゃないですか?
 
ダイヤモンドは綺麗なのは勿論ですが、少ないから価値があるわけじゃないですか?
 
そう考えると「少ない人」になった方がいいですよね?
 
「Facebookは若者はやってない」というのであれば、尚更、チャンスです。
 
「飲み会に若者は参加しない」というのであれば、尚更、チャンスです。
 
長々と喋ってますが、今日のメッセージはシンプルです。
 
 
「飲み会に行け」です。
 
昨今、あんまり、耳にしないアドバイスですよね(笑)
 
ただ、現実問題、「飲み会で決まること」は確実にあって、「飲み会で決める人」は確実にいるので、飲まなくてもいいから、飲み会に行ってみてください。
 
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02xwbpa9e6f21.html

 
====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合 →画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合 →画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】 LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!
 

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
 
\海外発行のカードが利用できるようになりました/
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605

【※Instagram専用】オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所(2022年)』 | 煙突屋 powered by BASE

https://nishino73.thebase.in/items/57388605

シェアする