幼稚園や保育園の先生を具体的に応援する

2022年03月19日

書いた人:西野 亮廣 公式LINE

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/295634

幼稚園や保育園の先生を具体的に応援する。 | 西野亮廣(キングコング)「#キンコン西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/295634

今日は『幼稚園や保育園の先生を具体的に応援する』というテーマでお話ししたいと思います。
 
ずいぶん前から仕込んでいたネタをようやく発表できます。
ご安心ください。
 
芸能人のプライベートの暴露ではございません(笑)
 
本題に入る前にお知らせをさせてください。
 
 

お知らせ!新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』配信参加者4500名突破

 
今年1月に新橋演舞場でおこなった新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』のオンライン配信の参加者が「4500名」を突破しました。

本当にありがとうございます。

出演は、市川海老蔵、そして、市川ぼたん、堀越勸玄のダブルキャストとなっております。
 
もともと「記録用」に撮っていた映像なのですが、千秋楽がコロナで中止になったことを受けて、「一人でも多くの人に届けよう」ということで話がまとまり、こうしてお届けできることになりました。
 
チケットは、ぼたんちゃんの出演回と勸玄君の出演回のチケットがそれぞれ3500円。
 
両方の公演をセットで見ることができるチケットが5000円となっております。
 
アーカイブは4月5日まで残ります。
 
オンライン配信チケットをお求めの方は『プペル歌舞伎 配信』で検索してみてください。

成田屋倶楽部 三千世界

https://n-sanzensekai.jp/

よろしくお願いします。
 
 

お知らせ!「キンコン西野と学ぶオンライン勉強会『DAO』って何?」配信参加者9600名突破! 

 
そして、もう一点。
 
コチラはすでにアーカイブ配信となっているのですが、「キンコン西野と学ぶオンライン勉強会『DAO』って何?」の参加者が9600名を突破しました。
 
コチラは、ブロックチェーンに詳しいエンジニアが、
技術に詳しくないスタッフ、そしてお客さんにわかりやすく説明する
ビットコインやブロックチェーンの初心者に優しい勉強会となっております。
我らが世界のNISHINOが絶妙な生徒をしております。
 
西野の相槌の上手いこと上手いこと(笑)
 
このあたりも注目です。
 
仕組みを学ぶための会議ですので、儲かるとかそういう話は一切ありません。
 
この配信では、ビットコインをはじめとして、
ブロックチェーンやNFTについて簡単にまとめたあと、
「DAO(自律分散型組織)」について勉強します。
 
=====
・ビットコイン、ブロックチェーン、NFTについてまとめ
・DAOって何?
・DAOで何ができる?
=====
 
仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンの未来について興味がある方は、
ぜひご参加ください!
 
チケットは800円です。
 
参加ご希望の方は、「キンコン西野 DAO」で検索してみてください。

キンコン西野と学ぶ!仮想通貨勉強会「DAOって何?」※儲け話はありません

http://peatix.com/event/3155125

 
 

「支援」を持続可能にするには、若干、自分の取り分が必要

 
そんなこんなで本題です。
 
今日は『幼稚園や保育園の先生を具体的に応援する』というテーマでお話ししたいと思います。
 
昨日、かなり変な形ではありますが、子供達の応援に繋がる打ち手についてお話しさせていただいて、そしてその後、オンラインサロンでも、また別の方法で、子供達や、あるいは被災地の方を応援する方法を提案させていただきました。
 
どちらも、もう進めているのですが、これまで「応援」や「支援」というものをいろんな形でやらせていただいて思うのは、「支援の中に(間接的でもいいから)自分の取り分を若干入れておかないと支援は続けられない」ということですね。
 
要するに、自分の貯金を切り崩す形で支援をしてしまうと、貯金が底をついた時に、支援が途絶えてしまう。
 
なので、僕が困っている人を支援し続けたいのであれば、僕の取り分も設計しておく必要がある。
 
持続可能な支援というのは、その取り分をどれだけ上品にデザインするか?ということに尽きるのかなぁと思っています。
 
 

幼稚園や保育園の先生方の「お遊戯会」の準備が、もう大変!

 
そんなこんなで今日の話なんですけども…
 
ウチはファミリーエンターテイメントを提供している会社なので、子育てをしているお父さん、お母さんは勿論のこと、幼稚園や保育園の先生方ともお話しさせていただく機会が少なくありません。
 
それこそ、『えんとつ町のプペルこどもギフト』という子供達に絵本をプレゼントする活動は、闇雲に絵本を贈っているわけではなく(※闇雲に贈ったら、嬉しくない差し入れとか、被災地の千羽鶴みたいな状態になるので)、幼稚園や保育園といった施設の方からの申し出を受けて、贈らせていただいているんです。
 
なので、先生方とは、その時に、コミュニケーションをとるんですね。
 
そこで色々とお話を伺っていると、教育現場の実態が見えてくるわけですが、とにもかくにも、先生方って、本当に忙しいんです。
 
やらなきゃいけないことが山ほどある。
 
そんな中、「お遊戯会」というものがあって、この準備がもう大変です。
 
それでも、先生方はめげずに「お遊戯会」を開催してくださっているわけですが、その中で、色々と見えてきたのは「ピアノを弾ける先生はいるけれど、脚本が書ける先生は、ほとんどいない」ということです。
 
そりゃそうですよね。
 
「たしかな脚本」が書ける人は、幼稚園や保育園の先生にはならず、脚本家になっている。
 
その結果、どうなるかというと、幼稚園や保育園の「お遊戯会」で演じられるのは「ももたろう」とかだったりするわけですが、この時の問題は「『ももたろう』はお遊戯会用に作られた作品ではない」ということです。
 
で、『お遊戯会用』とは何か?という話をしたいのですが、つまるところそれは「すべての子供達が分け隔てなく出番がある」ということなんです。
 
そりゃそうですよね。
 
せっかく我が子の成長を見に行ったのに、「ウチの子は2秒しか出番がなかった」となったら、お父さんお母さんもやりきれない。
 
なので、全員を前に出さなきゃいけない。
 
でも、先生方はオリジナル脚本を書くプロじゃないし、そもそも誰もオリジナル脚本(知らない作品)なんて求めていないので、取り扱う題材は『ももたろう』であると。
 
その結果どうなるか?
 
「ももたろう役」が5人とかになるんですよ。
 
「犬役」が5人。「サル役」が5人。「キジ役」が5人。
 
「計20人のチームで、3人の鬼を退治する」という集団リンチが繰り広げられるわけです。
 
見てても全然ドキドキしないんです。
 
ももたろうチームの戦力が圧倒してしまっているので。
 
むしろ、鬼を応援したくなっちゃう。
 
 

お遊戯会用『えんとつ町のプペル』を作成!台本と楽譜が誰でも無料でダウンロードOK

 
こういうことが全国の幼稚園・保育園で何年も何年も続いているんですね。
 
せっかくの「お遊戯会」ですから、どうせなら面白い方がいいじゃないですか?
 
というわけで、スタッフに声をかけて、この度、お遊戯会用の『えんとつ町のプペル』を作って、台本と楽譜を無料でダウンロードできるようにしました。

これ、片手間でやったわけではなくて、いつも一緒にやっているスペイン在住のデザイナーさんに台本のデザインをお願いして、ミュージカル『えんとつ町のプペル』でもご一緒させていただいたブロードウェイの音楽家さんに音楽監修をお願いして、そして、西野がゼロから脚本を書きました。
 
要するに、エンタメの一線でバキバキにやっているプロが、みんながやれる「お遊戯会」のパッケージを作りました。
 
15分ぐらいの作品です。
 
ちなみに、これ、幼稚園や保育園の先生じゃなくても、誰でもダウンロードできますので、興味本意で覗いていただいても構いません。
 
「ああ、プロが丁寧に作ったはるなぁ」という感想を持っていただけると思います(笑)
 
幼稚園や保育園で過ごす時間が、そして「先生と生徒」「親と子」の思い出が素敵なものになるといいなぁと思って頑張って作りましたので…皆さんの幼稚園や保育園の先生方に、あるいは、お知り合いの先生方に、このことを伝えていただけると嬉しいです。
 
お遊戯会『えんとつ町のプペル』の台本や楽譜がダウンロードできるリンクを貼っておきますので、じゃんじゃんダウンロードしてください。
 
インスタやYouTubeに画像や動画を勝手にアップするのもOKです。

ミュージカル「えんとつ町のプペル」

https://poupelle-musical.com

御礼はハイボールで結構です。
 
五反田にあるCANDYという酒場によく出没しております。
 

====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合
→画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合
→画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/57388605


シェアする