あの日の約束を守っている

2021年12月25日

(※今日の記事を音声で楽しみたい方はコチラ↓)
https://voicy.jp/channel/941/254199

あの日の約束を守っている | 西野亮廣(キングコング)「#西野さんの朝礼」/ Voicy - 音声プラットフォーム

https://voicy.jp/channel/941/254199

今日は「あの日の約束を守っている」というテーマでお話ししたいと思います。

本題に入る前にお知らせをさせてください。 

 

お知らせ!お正月は新橋演舞場に『プペル ~天明の護美人間~』 


来年1月3日〜20日に、市川海老蔵さんファミリーが総出演する新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』があります。

プペル~天明の護美人間~|新橋演舞場|歌舞伎美人

https://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/play/737

https://l-tike.com/play/mevent/?mid=610331

僕は今、アメリカにいるんですけど、連日、稽古の様子が動画で送られてきて、もう、なんか、アホみたいな感想になりますが、「絵本」でもない、「映画」でもない、「ミュージカル」でもない、「プペルの歌舞伎だ〜!」という感じになってます(笑)

歌舞伎の演出様式に、「荒事(あらごと)」というものがあって、これって何かというと、超人的な強さを持った主人公が、悪人をバッサバッサと倒していく…という超サイヤ人的なノリなんですけど、これは、市川海老蔵さんの真骨頂でありながら、「プペル」とは相性が悪そうじゃないですか?

「待て待て待て!このプペルが来たからにゃ〜」というのは、なかなか厳しいものがある。

でも、「全部ひっくり返して、町の皆に星を見せる」なんて、荒事中の荒事で……今回は、これをどう魅せるのか、注目していただきたいと思います。

勸玄くんと、れいかちゃんも、本当に一生懸命で、本当に頑張っています。

是非、お正月は新橋演舞場にお越しください。

チケットは、ローチケ、ぴあ、イープラスで絶賛発売中です。

C席はすでに全日程完売になっております。ご容赦ください。


よろしくお願いします。


お知らせ!『映画 えんとつ町のプペル』アマゾンプライム配信スタート!


そして、もう一点。

これは、僕たちからのクリスマスプレゼントです。

映画 えんとつ町のプペル』が、本日12月25日より、アマゾンプライムで、配信をスタートします。

もう、好きなだけ観てください。

当然、映画館で観られるように作った映画でありますので、映画館で観る『えんとつ町のプペル』は、臨場感から何からまったく別物なのですが、ただ、皆が皆、映画館に足を運べるわけじゃありませんし、様々な事情で、家から出られない人もいます。

そういった方々に届くといいなぁと思うし、クリスマスの夜にご家族で一緒に観ていただけたら嬉しいです。

『映画 えんとつ町のプペル』は、12月30日からニューヨークとL Aで公開されて、年明けの1月7日あたりから、アメリカ全土で公開されます。

https://www.elevenarts.net/titles/poupelle-of-chimney-town

元は一冊の絵本で、作品のメッセージでもある「やってみなくちゃ分からない」とそのまんま体現しておりまして、このことが一人でも多くの子供達に伝わって、「僕も挑戦してみよう」と思ってもらえたら最高だなぁと思っています。

家でプペルを観終わった後に、「この映画を作った人達、今、アメリカで頑張ってるんだよ」ということを、お子さんに耳打ちしてみてください。


よろしくお願いします。


梶原君と二人で「川西の夜景」を観た、あの日


そんなこんなで、本題です。

今日は、せっかくのクリスマスに汚い話で申し訳ないですが、僕たち、キングコングの話をしたいと思います。

再生回数が500万回ぐらいなので、ご覧になられている方もいらっしゃるかもしれませんが、YouTubeのキングコングのチャンネルに、去年の今頃、一本の動画がアップされたんです。

ちなみに、実は去年の今日は、『映画 えんとつ町のプペル』の公開日でして、その動画というのは何かというと、『映画 えんとつ町のプペル』を盛り上げる為に、キングコングが映画の主題歌をカバーした、いわゆる「ミュージックビデオ」です。


で、このミュージックビデオは夜景をバックに撮影しているんですけど、これ、僕の地元なんです。


兵庫県川西市の、とある場所です。

車やバイクがないとなかなか行けないような場所なので、地元の人でも知らない人は知りません。

学生時代って、ちょっと悪いけど、いろいろ知ってる先輩っていたじゃないですか(笑)?

僕も、そういう先輩に、この場所に連れてきてもらって…田舎の人間ですから、はじめて、ここの夜景を観た時に、その光の多さに感動したんです。

関西の人なら分かると思いますが、その場所からは、宝塚とか、尼崎とか、伊丹とか、さらには大阪が一望できるんです。

あのあたりは、山がないので、もう本当に奥の奥の奥の方まで光の絨毯が広がっていて、地球の片隅の極々一部の地域でしかないのですが、それでも、「この星には、こんなにたくさんの人が住んでいるんやぁ〜」と、その時に思い知りました。


やっぱり、数字で聞かされるのと、実際に見るのとでは雲泥の差なんです。

で、19歳の頃(まだコンビを組む前)、梶原君と毎日遊んでいたんですけど、僕は彼に「僕達が想像している以上に、人って、たくさんいるよ」ということをただただ純粋に伝えたくて、遊んだ帰りに、バイクの後部座席に梶原君を乗せて、ここに連れてきたんです。

結果、そこで気持ちが盛り上がっちゃってコンビを組む…という地獄のロマンチックを炸裂させてしまうわけですが、ただ、あの日、あの夜景を観て、「二人でたくさんの人を笑わせよう、楽しませよう」と約束したのは、残念ながら事実です。


目的は「たくさんの人を笑わせて、楽しませる」


芸能の世界に飛び込むと、「芸人とは、かくあるべし」というのがあって、それこそ「ひな壇に出ないなんで、芸人失格だ!」みたいな時代もあったんです。

「芸人なら、大喜利をしろ〜!」みたいなノリも。


ただ、この場でハッキリ言わせていただきますが、僕の目的は、そういった手段を用いることではなくて、「梶原君と二人で、たくさんの人を笑わせて、たくさんの人を楽しませること」で、その方法は何でもいいんです。

たまたま二人で最初に手をつけたのが「漫才」だったのですが、別に、(これは僕たちに才能があればの話ですけども)、コントをやるコンビになっても良かったし、「が〜まるちょば」さんみたいに、パントマイムのコンビになっても良かった。

だから、梶原君が「YouTubeを本気でやる!」と言った時に、多くの芸人さんが、「芸人がYouTubeなんかやりやがって」と批判してましたが、もう本当に「うるせーな」と思ってまして(笑)、僕は最初から大賛成だったんです。

当然、梶原君が「明日から、 HIP-HOPアーティストになる」と言っても、全力で応援します。


目的は、たくさんの人を笑わせて、楽しませることなので、そこに矢印が向いている以上はオッケーです。


ライブの演出コンセプトは「川西の夜景」


今、なんで、こんな話をしているかというと、来年2月28日に日本武道館でキングコングのライブがあるんですね。

YouTubeで毎週やっている『毎週キングコング』という、二人がウダ話をするだけのチャンネルがあるんですが、それを、ライブでやっちゃうんです。

で、そのライブの演出打ち合わせで、「今回の演出のコンセプトはどうする?」という話になったんです。


ちなみに、先月の武道館イベントのコンセプトは「星空」でした。

学校イベントだったんですけども、「星空の中の教室」を作りたくて、日本武道館全体をプラネタリウムにしたんです。

アホみたいにお金がかかったので、スタッフが死んでました(笑)

で、今回は、僕ら二人の目の前に、たくさんのお客様が来られるわけじゃないですか?

このシチュエーションだと、もうコンセプトは一つしかないなぁと思って、今から22年前(19歳の時)に二人で見た「川西の夜景」を、日本武道館の中に作ることに決めました。

19歳のキングコングに向けて、一応、「22年後も、その約束は守ってるよ」という自分達からのアンサーです。

キングコングの日本武道館ライブは、今回で、最初で最後になりますので、是非、お越しください。2022年2月28日でございます。


※オフィシャル先行発売なので、こちらのURL↓↓↓を知っている人限定の販売になりますので、ご注意下さい。(ローチケで検索しても出て来ません)

https://l-tike.com/st1/220228-kbtk/sitetop


====================
CHIMNEYTOWNのホームページを、
スマホのホーム画面(待受画面)に追加する方法
====================
 
★iPhoneの場合 →画面下にある変なマークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
★Androidの場合 →画面右上にある「三つの点」マークをクリックしたら、そこに『ホーム画面に追加する』が出るので、そこをポチッと!
 
【注意】
LINEアプリ(たぶんFacebookアプリも)でホームページを開いてしまうと『ホーム画面に追加する』が出ないので、その場合は、Google Chromeを立ち上げて、『https://chimney.town/』を入力して、そこから、★の手順でチャレンジしてみてねー!
 

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所

https://salon.jp/nishino

▼Instagram版はコチラ↓
https://nishino73.thebase.in/items/38025946

シェアする