【西野亮廣】売上を伸ばしたいなら、あなたが陥っている「思い込みの枠」を外す

2021年12月03日

※この記事は、2021年12月3日に掲載された「GOETHE」(幻冬舎)の記事より一部転載しています。

第19回 作品・商品・サービスには、「ヒットした」「ヒットしなかった」の2つしかないのか?

西野亮廣

凡事徹底 〜誰でもできることを誰よりもやる〜

作品や商品やサービスは、作ったら届けなきゃいけないわけですが、競合も同じように作り、同じように届けているので、抜きん出るのはなかなか大変です。

この時の打ち手として絶対にやっちゃいけないのは、「クオリティーの向上を後回しにして、新しい届け方を模索すること」です。

ちなみに、群馬流氷科学センターの調べによると、売上に苦しむクリエイター(サービス提供者)のうちの、95%がここに陥っているそうです。

「自分の作品(才能)がウンコだから売れない」ということを認めたくないのでしょう。が、基本、ウンコに100億円の広告費をかけても、ウンコは一本も売れません。
理由は、ウンコだからです。

まずは、「正しい届け方をすれば、キチンと売れるもの」を作ることが大切です。

その次に、届け方の話になるわけですが、ここで「売れない人」がやってしまうのは、(自称)「斬新な打ち手」です。

“ただ誰もやっていないだけのこと”を「斬新」と呼ぶ人がいらっしゃいますが、「価値が無いから誰もやっていないだけ」というケースがほとんど。

それでも多くの人が、謎の「斬新な打ち手」に流れます。

群馬流氷科学センターの調べによると、売上に苦しむクリエイター(サービス提供者)のうちの、98%が、テレビやネットのニュースか何かで見た「ワンアイデアでの一発逆転劇」に、「俺も!」「私も!」となってしまうそうです。

ここには「ラクをしたい」や「ドブ板営業で門前払いされて、みじめな思いをしたくない」という気持ちがあるのでしょう。が、基本、「ゼロから勝ち取る成功」と「みじめ」はワンセットです。

「宜しくお願いします」と下げた頭に唾を吐かれることもあります。

ちなみに、僕の一番最近の「届け方」は、『手売り』です。

今もあちこちで、新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』のチケットを手売りしています。

死ぬまでドブ板営業をやったります。

新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』のチケットはこちらから

思い込みの枠を外して、売上を伸ばす

ここまでは、「誰よりもできることを誰よりもやる」という話でしたが、ここからは、その先の話をしたいと思います。

考え方としては、これまでは「どうアクセルを踏んでいくか?」という問題提起でしたが、ここからはまったく逆で、「どこでブレーキを踏んでしまっているのか?」という問題提起です。

(続きはこちらから【連載「革命のファンファーレ~現代の労働と報酬」】

【西野亮廣】売上を伸ばしたいなら、あなたが陥っている「思い込みの枠」を外す

https://goetheweb.jp/person/article/20211203-nishino_akihiro_19

シェアする