【西野亮廣】すべての創造は「編集作業」だ

2021年09月24日

※この記事は、2021年9月24日に掲載された「GOETHE」(幻冬舎)の記事より一部転載しています。

第9回 モノが溢れている時代にモノを売るのは難しい。さて、どうする?

素敵な試みと、課題

 
テレビ至上主義の近所のお蕎麦屋さんの店員さんには完全に「オワコン認定」されている僕ですが、一応、細々と仕事をしておりまして、先日、10月に渋谷ヒカリエで開催される『THAT’S FASHION WEEKEND』の打ち合わせがありました。

その会議で意見を求められて、僕なりの結論を出すまでに、僕の頭の中で起きていた情報整理がちょっとだけ面白かったので、今日は、それを共有させていただきます。

イベントのテーマは『サスティナブル』で、今回は人気ブランドと、お花屋さんが一堂に会し、「衣服ロスと、ロスフラワー(廃棄される花)を、なんとかしようじゃないの!」というもの。
チャリティーセールです。

勘の良い方はお察しだと思いますが、イベントの趣旨的にも明らかに「プペルチャンス」で、先方さんも「プペルチャンス」だと思って、僕に声をかけてくださったのだと思います。
#プペルチャンスって何?

これから世界的にも、ゴミ問題と向き合う時間が増えるので、プペルチャンスは増えていくのかなぁと思っています。
あの日あの時、『ゴミ人間』に目をつけた西野を誉めてあげたいです。

さて。

今回のイベントでは、「アパレルブランドさんから安く買い取った服を販売し、そこでも売れ残った分に関しては、服飾学校の学生さんにまわして、リメイクしていただき、また新しい服として世に出す」という試みが行われます。

とても素敵な試みだし、応援させていただくことは決めたのですが、気になった点が2つありました。
以下の2つです。

①学生さんがリメイクした服を買いたい人はいるのか?
②「服を買ってもらう」ということは…

①に関していうと、「学生さんがリメイクする」というは最高なのですが…それを買う人がどれぐらいいるんだろう? という問題です。

正直に言うと、「リメイク前」と「リメイク後」を並べた時に、僕なら「プロがデザインした(リメイク前の)服の方が欲しい」と思っちゃうかもしれません。
#実際に見比べてみないと分かりませんが

理想は、「再利用することで、ゴミを無くし、雇用を生む」というところだと思うのですが、下手すりゃ、「コストをかけて、結果的にゴミになってしまうものを作ってしまう」ということになりかねないなぁ…という懸念がありました。

次に②に関して。

(続きはこちらから【連載「革命のファンファーレ~現代の労働と報酬」】

【西野亮廣】すべての創造は「編集作業」だ

https://goetheweb.jp/person/article/20210924-nishino_akihiro_09

シェアする